1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

若い女性も注意?川村ひかるさんが過去に患った「若年性更年期障害」とは?

タレント・川村ひかるさんが2日放送の「ノンストップ!」に出演、31歳の時に若年性更年期障害を発症したことを告白しました。

更新日: 2016年03月02日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
59 お気に入り 63177 view
お気に入り追加

●タレント・川村ひかるさんが2日放送の「ノンストップ!」に出演

人気グラビアアイドルとして活躍し、現在は健康管理士やジュニア野菜ソムリエなどの資格を生かした活動を行っているタレントの川村ひかる

2日放送のフジテレビ「ノンストップ!」(月~金曜前9・50)にVTR出演。

・ピルの服用を中止したことから、ホルモンバランスが乱れたという

・そんな川村さんを襲った症状とは?

その影響から感情が不安定になり、「急に涙が出たり、イライラしたり、ちょっと言われた一言だけで、癇癪(かんしゃく)を起こすじゃないですけど、自信がなくなって悲観的に」なるなどしていたという。

また、身体的にも体重が激減し、めまいや震え、抜け毛などに悩まされていたことも明かした。

さらに物忘れもひどくなったという。同じ腕に2つの腕時計を着けてしまったり、友人との約束を忘れることなどが度重なったそうだ。

・1番つらかったことは、周囲に理解されない状況だった

「大丈夫?」と声を掛けられることも、自身にとっては「否定」されていると感じ、

「責められている気になってしまう」。そうしたことから友人とも疎遠になり、孤独に苦しんだと明かした。

ホルモン剤による治療に抵抗があったため、自分に合った漢方薬や鍼治療を試し、病状は改善したという

●そもそも「若年性更年期障害」とは?

若年性更年期障害は、20代・30代でなってしまう更年期障害です。

まだ閉経する年齢でないにもかかわらず、更年期障害と同様の症状が出ている状態を指します。

・「更年期」とは?

女性のライフサイクルのうち、閉経をはさんだ前後5年の10年間を「更年期」と言います。

個人差はありますが、日本人の閉経年齢は52歳前後となっているため、だいたい45歳から55歳頃の時期にあたります。

更年期に入ると、卵巣の機能が徐々に衰え、女性ホルモンの一つであるエストロゲンレベルが低下します。

●「若年性更年期障害」の主な症状

1 2 3





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう