1. まとめトップ
  2. カラダ

ヘアカラーを楽しみたい…かゆみアレルギー問題どうすればいい

ヘアカラー後に頭皮が痒くなったり皮膚がかぶれた経験ってありますか?年度替わりや新しい環境になる人が多い時期に注意したい!ヘアカラー問題...正しい方法を知ってヘアカラー楽しむ方法を紹介します。

更新日: 2016年03月02日

39 お気に入り 29240 view
お気に入り追加

ヘアカラーを楽しむ時って注意した方が良いことがあるらしい!

季節の変わり目や新しい環境など、または気分転換でヘアカラーや白髪染めなどをするシーンも

気持ちを一新して、新しい出会いも多い季節ですから、思い切って、ヘアースタイルをイメチェンしたい!

自分の個性を出せますし、手軽にヘアカラーを楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。

日本でもファンの多いアンディ・ウォーホルやムンクの叫びなど、誰もが一度は目にしたことがある有名作品をヘアカラーで再現した作品は、まさに現代アート。

しかしながら、ヘアカラーでトラブルになる人も...

Photo by Ralf Nau / DigitalVision

突然アレルギーがおこって、かぶれに繋がる方も

白髪を黒く染めたり、黒髪を明るくするヘアカラー剤で起きるアレルギーなど皮膚障害の事例が消費者庁に報告されている。

まぶたが腫れ上がり目が開かない場合や、胸や腹部にまで発疹や水泡が広がるといったかなり重症なケースもある

1つはアレルギーによるもの。もう1つはアレルギーではなく、薬の反応刺激によるものです。

では、、解決策はどうしたらいいの?

多くの人が面倒くさいという理由でパッチテストを使用前にしていないのが現状

何回目かに初めて異常が認められる場合もあります。染毛のたびに毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を行ってください。

自分はアレルギーがないから、と軽く見ていると、突然かぶれの症状が現れることがあります。

見えない部分こそ、身近な人にお願いして塗布することで頭皮へのトラブルは多少避けられると思います。

できるだけ地肌につかない様に。そして後ろは特に塗りにくいので人にやってもらうのが最もリスクが少ない

ジアミン系の化学染料が入っていない非ジアミン系のものを選ぶのが良いでしょう。

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう