1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

飲む点滴!一生に一度は飲んでみたい老舗ブランドの甘酒6選♡ᵕ̈*⑅୨୧

ひなまつり、お花見、甘酒の似合う季節がやってきました♡ᵕ̈*⑅୨୧「飲む点滴」なんていわれている甘酒。普段飲まない方も一度は味わってみてほしい!とっておきの素材を使った全国のブランド甘酒をまとめてみました

更新日: 2016年03月03日

fuwamococoaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
561 お気に入り 51171 view
お気に入り追加

【1846年創業】天野屋糀店の「明神甘酒」

出典gotrip.jp

営業時間 【月〜土】10:00~18:00
     【日・祝】10:00~17:00
定休日  4月~12月1週目の各日曜日
お店のHP http://www.amanoya.jp/

1846年創業「天野屋」の自慢の甘酒が「明神甘酒」。化学添加物を一切使わず、米と糀だけの伝統的製法で作られる甘酒で、自然の優しい甘味が特徴である

甘酒はテイクアウトもできるのだが、店内で甘酒を注文すると、甘酒と一緒にもろみ味噌が付いてくる。この味噌を口直しでいただくことで、味噌の塩分が甘酒の甘味を存分に引き立ててくれるので、できることなら店内で味わっていただきたい。

「明神甘酒」は、当店の地下6mの天然の創業当時からの土室(むろ)より作り出される糀(米かうぢ)をもとに、さらに手を加えて生成し熟成を待って作り上げられたものです。

天野屋では、全く化学添加物の無い、米と糀だけで作る、伝統的製法で作られています。
暑いときは冷やして、寒いときは暖めて、一年中楽しめるおいしい健康飲料としてお楽しみください。

出典http://www.amanoya.jp/

冷凍で3か月持ちます。作り方もパッケージに書いてあります♡ᵕ̈*⑅୨୧
1,000円(税抜き)
http://amanoya.info/

【1616年創業】三河屋綾部商店の延寿甘酒

1616年、三河から江戸へ移ってきて、代々将軍家や宮内庁に手作りの甘酒や味噌、納豆を収めてきた、歴史あるお店

延寿甘酒 350円
(お持ち帰り用 570円)

こちらの甘酒は、米、麹、水だけで作り、余計なものは一切加えないので「うちの甘酒で酔っぱらったら病院に行った方がいい」とは14代目、御主人の弁。

こちらでは、甘酒にショウガの粉を入れて飲むのがオススメの飲み方。ショウガの効いた甘酒は、身体の芯から温めてくれるので、寒い冬には一段と美味しく感じる一杯だ。

【長野善光寺】すや亀の門前甘酒

門前甘酒は、善光寺七名物といわれ、七味唐辛子・酒まんじゅう・田楽とならぶ人気のお土産品

出典http://www.suyakame.com/SHOP/665.html

甘酒200円(店頭で飲めるのは冬季のみです)

店先のヒモウセンに覆われたベンチに腰かけ、ふーふーしながらいただきました。わぁ、麹の香りが~ほんのり甘くて美味しいデス。カラダがほっこり暖まりましたごちそうさまでした☆

【明治創業】双葉「甘酒横丁のあま酒」

当店「甘酒横丁のあま酒」は、明治40年創業の東京日本橋人形町「とうふの双葉」こと双葉商店より、昭和60年頃、生み出されました。

甘酒横丁の名前の発祥となった甘酒屋の「尾張屋」は今は無く、かわりに明治40年創業の老舗豆腐屋双葉商店で甘酒を頂くことができます。

1 2





fuwamococoaさん

お仕事柄1年の半分は国内外に出張してます。出張先で出会った素敵なものを紹介して、皆さんと交流するきっかけが持てたら嬉しいです♡

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう