1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

極悪非道のAV出演強要。モデル契約に騙され自殺する女性も

NPO法人ヒューマンライツ・ナウは3月3日、AV出演強要の調査報告書公表。「モデルやタレントにならないか」とスカウトされる若い女性たち。強要被害、多額の違約金に自殺する女性も

更新日: 2016年03月04日

happystar12さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
62 お気に入り 223592 view
お気に入り追加

NPO法人がAV出演強要の調査報告書公表

NPO法人ヒューマンライツ・ナウは3月3日、若い女性たちがアダルトビデオへの出演を強要される被害の実態をまとめた調査報告書を公表した

同団体は平成27年5月から調査を開始。相談を寄せた出演女性への聞き取り調査や、AV産業の構造の調査などを実施した。

脅されながらアダルトビデオ(AV)への出演を強要された女性たちの過酷な被害がつづられた。

「モデルやタレントにならないか」とスカウトされる若い女性たち

タレントやモデルになる夢を膨らませて誘いに応じる若い女性たち

AVと知らずに業者と契約書を交わし、出演を拒否すると法外な違約金を請求されたり、「親にばらす」と脅されたりするケースが多い。

相次ぐ強要被害、多額の違約金に自殺する女性も

契約解除を申し出た20代の女性は、プロダクションから「10本に出演する契約で、あと9本撮影しなければならない」と違約金約2400万円を請求する訴訟を起こされた。

去年の相談件数は81件と、おととしの2倍以上となり、被害者は19歳から20代半ばの女性に多いということです。

AV出演を強要するような契約は無効で違約金を払う必要もない

若い女性の無知と困窮に乗じてAV出演を強要するような契約は、公序良俗(民法90条)に違反して無効であり、また違約金を支払う正当な根拠もありません。

裁判所でも「契約の解除ができる」と判断した判決が出てる

アダルトビデオ(AV)出演を拒否した20歳代の女性に対して契約を結んでいたプロダクション業者が違約金の支払いを求めた訴訟

この契約について「プロダクションの指示で、アダルトビデオに出演させる内容の『雇用類似』の契約」だったと認定。そのうえで、「『やむを得ない事由』があるときは契約の解除ができる」と判断した。

同情的な声が寄せられてる

とはいえ、本人の意に反して、業者に騙されたまま、風俗やAVを強要されるケースがあるのは事実だろう。辞めたくても親にばらすとか、違約金が発生するといって脅したりなどは、詐欺や脅迫などの犯罪だからだ。警察はきちんと捜査して、このような事件を無くさなければならない。

いや、今回に関しては女性に非は全くない、最初からAV撮影って分かってなかったんでしょ?違約金発生時点で警察に言えば?などは、敵地で怖い男たちにそんなこと言えると思う?って話ですよ。

だから女性の味方になる人や弁護士が違法業者に「アンタらのやったことは違法だし犯罪だ。裁判をやればそれがハッキリする」的に相手を言葉で黙らせることも大事。ただ契約書にサインする前にしっかり読まないと。AV出演等もある旨が書いてあってサインしてたら、逆に厳しいからね。 #人権 #女性

1 2





happystar12さん

私のまとめ記事を読んでいただいてありがとうございます。

今年の目標は一人焼き肉です。

https://twitter.com/happystar012

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう