1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

3月9日は4年ぶりの部分日食…日本全国で観察のチャンス到来!

2016年3月9日は、月によって太陽の一部が隠れ、太陽が欠けていくように見える部分日食が起きる。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年03月04日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
47 お気に入り 16907 view
お気に入り追加

○3月9日は4年ぶりの部分日食

3月9日は、月によって太陽の一部が隠れ、太陽が欠けていくように見える部分日食が起きる。

国内で観察できる日食は2012年の金環日食以来で、ほぼ4年ぶりの天文ショーとなる。

太陽の一部が月に隠れて欠けて見える「部分日食」が9日、天気が良ければ全国で観測できる。

○日本全国で観察のチャンス到来

国立天文台によると、日食の開始は那覇市が午前9時29分、東京が10時12分、札幌市が10時38分。

部分日食は日本全国で観察でき、国立天文台によると、那覇では太陽の面積の22%、東京では15%、札幌では5%が月によって隠れる。

○気になる全国の天気は?

なお日本の部分日食の観測だが、9日は全国的に雲が広がりやすい天気。

東京では9日10時12分~12時5分にかけて観察可能だが、やや厳しめだ。

北日本と西日本の日本海側は天気がよく、比較的良条件。特に、北海道の太平洋側では晴れて観察チャンスに恵まれるようだ。

天気が良ければ全国で観察が可能で、国立天文台は、日食グラスを使うなど安全に観察するよう呼び掛けている。

○みんなも日食を楽しみにしていた

3月9日は部分日食の日。いろいろな意味で、とっても楽しみ~。

いやー皆既日食楽しみだなー。晴れるかなー。就活とか研究とかどうでもよくなってきたなー。晴れるかなー。てるてるぼうずを百個くらい作った方がいいかなー

9日の低気圧の東進が早まった・・・部分日食ムリじゃん・・・詰んだ(´・ω・`) pic.twitter.com/sU39kcZWlh

9日の部分日食、楽しみです!日食グラスも用意したのでスキマ時間にチラ見します。 pic.twitter.com/WSUSF7qkmA

○日食を安全に観察しよう

太陽は満月の約46万倍の明るさで、一部が月で隠れるといえども肉眼で直接見ると短い時間でも目を痛めてしまいます。

国立天文台はサングラスや色付きの下敷き、望遠鏡、双眼鏡などで太陽を見るのは絶対にしてはいけないと警告している。

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。



  • 話題の動画をまとめよう