1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

誰が出る?新NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」で注目のイケメン俳優たち

2016年4月から始まるNHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」。ヒロインを高畑充希さんがつとめるドラマですが、その高畑さんの他にも注目のキャストが発表。唐沢寿明さん、及川光博さん、西島秀俊さん、向井理さんなどイケメンが多いドラマの俳優陣に注目してまとめました。

更新日: 2016年03月08日

monet333さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
41 お気に入り 116695 view
お気に入り追加

・2016年4月から始まるNHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」

次期朝ドラの「とと姉ちゃん」

現在放送中での「あさが来た」に続く、朝ドラ第94作目。幼い時に父を亡くし、父親代わりとなって家族を支える長女・小橋常子をヒロインに女ばかりの家族の昭和史を描く

昭和の時代を生きる“父親代わりの長女”小橋常子(高畑)が、「当たり前の暮らしがいかに大切か」という生前の父の教えを胸に、2人の妹と母を守って奮闘する姿を、自然豊かな繊維の町、静岡県・遠州を舞台に描いていく

生活総合雑誌『暮しの手帖』および出版元である暮しの手帖社の創業者・大橋鎭子の雑誌出版の軌跡をモチーフに「当たり前の暮らしを大切にすること」をモットーに「戦後の女性の暮らしの復興」に明かりをともす希望の物語を描く、フィクションのドラマオリジナル作品

・ヒロインには高畑充希さんが起用

ヒロインは「ごちそうさん」でも朝ドラ出演していた高畑充希さん

ヒロインは、2564人の応募者の中からオーディションで選考され、女優の高畑充希さん(24)に決定

高畑といえば、2013年の朝ドラ「ごちそうさん」で、東出昌大演じる西門悠太郎の妹・西門希子を演じ、劇中で披露した歌声が話題を呼んで、人気を博した実力派若手女優

高畑充希がヒロインに選ばれた最大の理由は「猪突猛進さ」と「繊細さ」を持ち合わせた本人のキャラクターによるとのこと。力強さと繊細さ、可愛らしさと芯の強さをバランスよく併せ持った高畑充希が、ヒロインの人物像と合致したよう

記者会見で高畑は、「昭和の時代を駆け抜けた女性の役で、スピード感がありエネルギッシュな、朝観ているだけで元気が出る作品になれば」と意気込みを語った

・女だらけの家族の年代記ということで、女性キャスト陣も豪華なドラマ

木村多江や大地真央さんなど、女優陣が豪華なドラマ

ドラマは、三人姉妹の長女・小橋常子(高畑)が二人の妹と母を守って激動の昭和を駆け抜ける、女だらけの家族の年代記

これまでに発表された出演者では、ヒロインの母・君子は木村多江、小橋家の次女・鞠子に相楽樹、三女・美子に杉咲花(朝ドラ初)が起用

朝ドラでは異例ともいえる豪華キャストで、常子の母役に木村多江、祖母役に大地真央が起用されており、若い視聴者層を取り込むべく、杉咲花、川栄李奈、阿部純子らが配されている

・一方、男性キャスト陣もイケメン俳優が多く話題になっている

▼西島秀俊さん

イケメンが多い俳優陣、まず父親役に人気の西島秀俊さん

ヒロイン・小橋常子(高畑)をとりまく男性陣には爽やかなイケメン揃い。まず父役に西島秀俊(44)が起用

主人公の常子の父・竹蔵役には、俳優の西島秀俊さんがキャスティング

出演が発表されたのは、常子が11歳の時に「家族のことを頼む」と言い残して命を落とす父・竹蔵役の西島秀俊

浜松の染物工場の営業部長で仕事熱心であるが、同時に家庭を深く愛し、眠る時間を削ってでも仕事も家庭も大切にする良き父・小橋竹蔵を西島さんが演じる

▼向井理さん

主人公のおじ・小橋鉄郎を演じるのは、10年の「ゲゲゲの女房」以来6年ぶりの朝ドラとなる俳優の向井理さん(34)

男手がいなくなった小橋家に、1人だけ親戚という形で携わっていくという役どころの向井さん

西島演じる父・小橋竹蔵の弟・鉄郎(向井)は、定職にもつかず、儲け話を追い求めて全国を渡り歩く風来坊という役どころ

常子たち3姉妹の叔父・鉄郎役として登場する向井は「久しぶりの朝ドラ出演なのでワクワクしていますが、今振り返ると大変な日々でしたので(笑)。座長をしっかり支えていけるよう頑張ります」と、「ゲゲゲの女房」以来の朝ドラに気合いが入っている様子

1 2 3





monet333さん

気になったことをいろいろまとめてます。よろしくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう