1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

春なのに…インフルエンザがまったく収束していない

もう終わったんじゃないの

更新日: 2016年03月04日

39 お気に入り 167437 view
お気に入り追加

まだ続くの…?

東京や大阪では、患者数の減少が見られたが、21府県では前週の報告数よりも増加が見られた。

そんなに…?

「例年なら患者数が減少を始める時期だが、まだピークを過ぎたとは言い切れず注意が必要だ」

国立感染症研究所の砂川富正室長

てかインフルっていつまで流行ってんのこれ??怖くない???

全国的に大きな流行を示す「警報レベル」を4週連続で超え、今シーズンの累積の患者数は推計で950万人

「この時期に感染患者数がピーク時とほとんど変わらず、高い水準にあるのは異例」

長野県の保健・疾病対策課のコメント

原因は「暖冬」と言われてるけど…

正確に言うと、A香港型の一種である「H1N1型」の計3種類が一緒に流行しているとか

例年ならまずA型がピークを迎えた後、B型が拡大して全体の感染数が減少していく。しかし今年は両方の型がほぼ同時に流行

最初のA型がずれ込んだのが原因とされてる

今季は「熱の出ないインフルエンザ」が流行ってるそうです。自覚症状が寒気と倦怠感と関節の痛みくらいしかなくて、あくまで平熱なので気付きにくい。喉が痛くなったり鼻水出たりしないのにやたら寒くて節々が痛くなったらあやしいので元気でも検査行ってくださいね

放置しておけば、本人の症状が進むだけでなく、知らず知らずのうちに周囲に感染する危険性も

暖冬であることから、花粉症も例年よりピークが早まるといわれており、インフルエンザとの「併発リスク」

花粉症のせいで、目のかゆみや鼻水鼻づまりがひどくなる。その結果、せきなどの症状が長期化、重症化する恐れが

病院わず。花粉症が酷く、薬もらいに行くつもりだったんだが、症状が酷いためインフルの検査したらB型かかってた…。oh...。感染力弱い方みたい?なのであんまり心配ないそうですが…。

4月まで、注意が必要…とか

これから4月いっぱいまで流行に注意が必要として、感染予防策の徹底を呼びかけ

「ウイルスを殺すには、朝に窓が結露するぐらいの加湿がウイルスを追い出し、飛沫感染の確率を大幅に減らします」

医師の秋津壽男氏

「引き続き、手洗いやマスクの着用など、せきエチケットをして対策を徹底してほしい」

もちろん基本的な対策は重要。

今日から花粉症の薬飲み始めたはいいけど、めっちゃ喉乾く(´・ω・`)そのせいで喉もやばい、、、 花粉症の人は普通の人よりインフルにかかりやすい時期らしいから(乾燥とか粘膜弱ってて)気をつけないと!!

インフルじゃないとおもうけど、インフルの検査をして、花粉症の薬を貰おうー

不安な人は、病院で検査をうけましょう!

1





コロネリウスさん

美味しいものが大好きです~



  • 話題の動画をまとめよう