1. まとめトップ
  2. 雑学

実は春のあたたかい日差しってちょっと怖いかも

色んな対策方法を知ってとりいれていきたいですね

更新日: 2016年03月19日

44 お気に入り 56638 view
お気に入り追加

もうすぐ季節は春だけど…

冬の厳しい寒さがやわらぎ、ぽかぽかあたたかな日差しが差し込んでくる3月。

寒い冬もあと少しで終わり、暖かい春と日差しがやってくる。そうすると、同時に女性を悩ませるのが「紫外線」です。

まず怖いのは紫外線!!

夏に紫外線がピークになると思っている人は、これを思い出してください。「4月+5月の紫外線量は、7月+8月の紫外線量より多い。」

この時期、私が声を大にして申し上げたいこと、それは>「春こそUV対策をしてください!」ということです。

肌の奥にまでダメージが…

問題になるのがUVA(紫外線A波)。浸透力があり肌表面だけでなく奥の真皮まで届きます。ピークは4月~8月です。

コラーゲンを変性させ、これがしわなどの原因になっていくなど、長い時間をかけ肌に悪影響を及ぼしていたのです。

あたたかくなる前からきちんと日焼け止めをぬるなどして対策しましょう

しかも紫外線A波(UVA)は、オゾン層を通り抜けやすく、常時、紫外線B波(UVB)の20倍以上も地上に降り注いでいます。

PM2.5も問題になってる

一年のうちで一番危ないのは春とされ、ぜん息や気管支炎をはじめ肺や心臓疾患の原因になるともいわれています。

3月〜5月にPM2.5の濃度が上がるのは、大気汚染が深刻な中国方面から日本に向かって風が吹きやすい季節だからとみられます。

外出時はマスクなどで体内への侵入を防ぐだけでなく、鼻のケアも重要。鼻の中をあまりいじらないこと。鼻毛も切らないほうがいいです。

気づかないうちに肌も乾燥してる

肌がもっとも乾燥しやすく、デリケートな時期はまさに今! この“春先”なのです。

特に春は、気候や温度変化が大きいので乾燥しがち。3月頃からは紫外線量も増加してくるため、お肌への負担が大きくなります。

春の肌トラブルは、乾燥によるものが90%~だと考えましょう。乾燥ダメージを受けているのに、気づかないまま拡大させてしまうのが春の乾燥の特徴です。

クリームなどで保湿をするのではなく保湿力もあるオイルを美容液の代わりに使うのがおススメです。

1





あいまぁーさん

カンガルーとボクシング

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう