1. まとめトップ
  2. 雑学

岡田准一も…甘い物が止めれない『砂糖依存症』が恐ろしい

甘いもの好きさん要注意

更新日: 2016年03月05日

mametaro82さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
181 お気に入り 192556 view
お気に入り追加

▼岡田準一も悩まされた砂糖依存症

「ご飯をあまり食べない時期があって......でも、糖分を採らないと死んじゃうから角砂糖を食べながら打ち合わせを聞いていた」

主食を疎かにして角砂糖をポリポリなんて、どう素人目に見てもかなり異常な歳月ではないか。当時の岡田さんは明らかな「砂糖中毒」、別称「砂糖依存症」に違いないはず。

▼私もそうかも…って人が意外と多い

常に糖分が不足しているような気がする(砂糖依存症

最近昼と夜にしかご飯を食べてないなぁ。砂糖依存症だからその分お菓子を食べる量が多くなるけど、やっぱり健康に悪いよなぁ。どうにかしなければ

▼砂糖依存症ってどんな病気?

女性は、甘いものが大好き!という人が多いですが、砂糖依存症になると砂糖や糖分を摂取しないと食事の満足感が得られず、イライラしてしまいます。

砂糖の摂り過ぎは、「依存症(シュガーブルース)」になる危険があるんだな。

▼砂糖は麻薬と同じ位、依存性がある

近年のラット実験は、砂糖とドラッグの共通点を示している。

砂糖はアルコールやコカインの作用と似たような形で、脳内の神経伝達物質であるドーパミンやセロトニンの分泌を促します。

お砂糖を取って「ああ、幸せ」「甘くておいしい」と脳に伝わる事でドーパミンや、セロトニンが分泌され体が興奮します。 それを繰り返す事により、砂糖を取れば幸せになれると脳が無意識に思い込んでしまうのです。

▼糖尿病やうつ病になる可能性も

この過剰になった糖分は肥満や糖尿病、心臓病などの疾病につながるほか、身近なところでは肌荒れなどを引き起こす厄介な存在

糖の代謝に必要とされるビタミンB1不足から、脳に十分なエネルギーが供給されないことが原因とされている。結果、感情が不安定となり即苛立ったり、血糖値の乱高下から怠さや気分の落ち込みが起きる。

▼こんな人は要注意!

1つでも当てはまれば予備軍かも

•砂糖をしばらく取っていないと体がだるくなったり、頭がボーっとしたりする
•元気が無い時にお砂糖を食べると元気になったような気がする
•甘いものを見るとどうしても食べたくて衝動が抑えられなくなる
•何かのご褒美についつい甘いものを食べてしまう

▼砂糖依存症を克服する方法

最初の3日ほどは甘いものに手を伸ばしたくなるかもしれませんが、グッと堪えましょう。
そこで、諦めてしまうと砂糖中毒の負のループから抜け出すことができなくなります。

1 2





mametaro82さん

毎日気になったこと、好きなこと、猫のこと、へーなことまとめ。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう