1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

こんなに…大丈夫?侍ジャパンが辞退者続出で大変な事になってる

嶋基宏・川端慎吾・大瀬良大地・梶谷隆幸・大谷翔平・藤浪晋太郎・柳田悠岐・田中正義。侍ジャパンで活躍が期待された選手の辞退が続出してた。

更新日: 2016年03月05日

CloverSさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
26 お気に入り 158779 view
お気に入り追加

◆活躍が期待される「侍ジャパン」で辞退者が続出

「侍ジャパン」と呼称するようになったのは2011年から。

プロとアマが歩み寄り、各世代で世界一を目指すという、歴史的な一歩を野球界が踏み出しました。

◆嶋基宏捕手は左手甲に投球が当たり大事をとって辞退

楽天の嶋基宏捕手(31)が4日、侍ジャパンと台湾の強化試合(5、6日)の出場を辞退した。NPBエンタープライズが同日、発表した。

嶋は3日のオープン戦西武戦(倉敷)に先発出場も、3回に先発・安楽の投球を左手甲に当てて途中交代していた。

4日は楽天がオープン戦を行う岡山県倉敷市で全体練習とは別メニューで調整し「昨日よりは良くなっている。(辞退は)大事を取ってです」と話した。

◆川端慎吾内野手はインフルエンザで辞退

他の選手に感染させないようマスクをし、ダウンジャケットのフードをすっぽりかぶって「やっちゃいました」と痛恨の表情。

◆大瀬良大地投手は右ひじ違和感のため辞退

広島大瀬良大地投手(24)が右ひじ違和感のため3月に行われる、侍ジャパン強化試合台湾戦を辞退する

◆梶谷隆幸外野手は左脇腹の筋肉炎で辞退

DeNAは18日、梶谷隆幸外野手(27)が3月5、6日に行う侍ジャパン強化試合、日本対台湾戦の代表を辞退すると発表した。

沖縄県内の病院で「左脇腹の筋肉炎」と診断された。現段階で全治は不明だが、脇腹痛は復帰まで2、3週間を要するケースが多く、調整遅れは必至。

せっかく代表に選んでいただいたのに、こういう形で辞退することになり、本当に残念です。

◆メンバー発表時には大谷翔平、藤浪晋太郎、柳田悠岐らが辞退

主要メンバーの大谷翔平(日本ハム)、藤浪晋太郎(阪神)、柳田悠岐(ソフトバンク)らが辞退。

大谷の代表入りは確実とみられていた。だが、大本命とされるチームの「3・25開幕投手」へ、最終仕上げに入る時期であることに加えて打者としても開幕まで一定の打席数を確保することが必須。

また、故障明けを理由に柳田晋太郎投手(阪神)、柳田悠岐選手(ソフトバンク)らもメンバーから外れています。

1 2





CloverSさん



  • 話題の動画をまとめよう