1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

騒動の影響?4月からのドラマが「不倫モノ」だらけになってる

今年に入ってから「不倫問題」が世間を騒がせ続けましたが、その影響もあってか、4月からのドラマは「不倫」に絡んだ作品が多いようです。

更新日: 2016年03月05日

ピュンマさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
273 お気に入り 493357 view
お気に入り追加

▼今年に入ってから世間を騒がせ続けた「不倫問題」

タレントのベッキーと「ゲスの極み乙女」の川谷絵音(Vo)の不倫がスクープされたことを発端とするメディアでの騒動を知らない人はもはやいないだろう。

不倫問題でもめるのは、芸能界だけではなく一般の人にも起こることです。

▼その影響か、4月からスタートするドラマは「不倫モノ」が多いみたい

・栗山千明主演で19年ぶりにドラマ化される「不機嫌な果実」

人気作家・林真理子氏が約20年前に主婦の不倫を描き、センセーションを巻き起こした小説『不機嫌な果実』が、4月期のテレビ朝日系金曜ナイトドラマ枠(毎週金曜 後11:15)で連続ドラマ化される

同作は1996年に出版され、翌97年にTBSが石田ゆり子(46)、岡本健一(46)らの出演でドラマ化されており、女優・栗山千明(31)主演の今回は約19年ぶりのドラマ化。

夫や仕事先からの境遇に不満を持つ、栗山演じる主人公・水越麻也子が、結婚5年目の人妻であるにもかかわらず、市原隼人演じる音楽家・工藤通彦と禁断の恋に溺れていくストーリー。

今年に入り芸能界や政界では不倫の発覚が続いているが、テレ朝の横地郁英ゼネラルプロデューサーによると、今作は昨年から準備が進められており、このタイミングでの放送は「偶然」だという。

・前田敦子がドロドロの愛憎劇に挑む「毒島ゆり子のせきらら日記」

二股や不倫など、濃厚な恋愛模様が描かれる4月放送開始のドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」(TBS)

二股恋愛や不倫など“夜の昼ドラ”とも言えるドロドロエンターテインメントを展開していく。

局側が“深夜の昼ドラ”と銘打っている通り、かつてお昼の時間帯に放送されていたドロドロの愛憎劇の再現版です

・伊藤英明と木村佳乃が夫婦役を演じる「僕のヤバイ妻」

「ストロベリーナイト」や「ようこそ、わが家へ」などの脚本を務める黒岩勉が書き下ろした“大人の男と女の心理サスペンス”「僕のヤバイ妻」が4月に放送されることが決定。

夫婦が“一生を添い遂げる”ことの難しさや面白さを伝えることをテーマにしている。

▼さらにdTVでは、専業主婦と年下男性の不倫を描く「裏切りの街」が配信中

池松壮亮さんが主演を務めるオリジナルドラマ「裏切りの街」が、定額制動画配信サービス「dTV」で配信中

専業主婦と年下男性の不倫を描いた作品で、豪華キャストによって、「人が人を裏切る瞬間の心の動きや思い」を描き出している。

菅原を演じる池松壮亮くんと、智子を演じる寺島しのぶさんの大胆で濃厚な情事シーンはR15指定もうなずける迫力もの。

▼「不倫ドラマ」の多さには、みんなちょっと苦笑い?

1 2





ピュンマさん



  • 話題の動画をまとめよう