1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

橋本環奈だけじゃない!セーラー服が似合う美人女優ベスト!【セーラー服と機関銃・感想評価評判】

「セーラー服と機関銃 卒業」公開しました。薬師丸ひろ子さんが演じてから何度か映像化してきた本作、今回は橋本環奈さん主演です。セーラー服、来ているだけでかわいさ倍増です。過去にも沢尻エリカさんや新垣結衣さんなど作品上でセーラー服を着ていた方が数多く!

更新日: 2016年03月06日

take0518さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
67 お気に入り 162455 view
お気に入り追加

■「セーラー服と機関銃 卒業」公開しました。

かつて弱小ヤクザ・目高組の組長をつとめ、伯父を殺した敵を機関銃で襲撃する事件を起こした18歳の少女・星泉。

目高組が解散してからは、商店街の「メダカカフェ」を切り盛りしながら普通の女子高生として平穏な毎日を過ごしていた。

ところがある日、モデル詐欺に巻き込まれた友人の相談を受けたことから、彼女の周囲に再び不穏な空気が漂いはじめる。

角川映画40周年記念作品。主演・橋本環奈。四代目組長、はじめます!!恋に、進路に、就職に、部活に忙しい身だけど…女子高生組長が、全部まとめて問題解決!気分爽快!超絶カ・イ・カ・ンエンターテインメント!!

■かつて社会現象を起こした「セーラー服と機関銃」続編にあたります。

社会現象でしたね。しかし34年前ですか。

相米監督という名監督が撮っただけに、ただのアイドル映画では終わっていません。
30年以上たって、まだ映像化されるという事はこの時のインパクトの強さを非常に感じます。

角川40周年記念作品として、あの大ヒット作が帰ってきました! 女優の薬師丸ひろ子が主演を務め、1982年に「カ・イ・カ・ン」の名台詞で一大ブームを巻き起こした映画「セーラー服と機関銃」。

人気作家の原作、アイドル映画なのにアイドルの顔がわからなくなるシーンや長まわしなど相米監督の実験的な試み、薬師丸ひろ子主演・主題歌などが相まって興行収入は22億8000円という東映として歴史的なヒットにつながりました。

映画初主演って大丈夫か…。と思ってしまいますが、周りを固める俳優さんは実力派ばかりですね。

薬師丸が歌う主題歌を含めて、社会現象となったこの作品が、角川映画40周年記念作として、35年の時を超え再びスクリーンに登場。主人公の星泉役には、「1000年に1人の逸材」「天使すぎる!」と人気の橋本環奈が抜てきされた。

赤川さんの小説「セーラー服と機関銃・その後-卒業-」(角川文庫)が原作。薬師丸ひろ子さんが主演しヒットした1981年公開の「セーラー服と機関銃」が現代的に生まれ変わり、今作が映画初主演となる橋本さんが体当たりの演技をみせている。

■今回の主役は橋本環奈さん!監督は新鋭の前田弘二氏。

1枚の写真でここまでくるとは。

1000年に一人…は言い過ぎ感ありますけど、確かにかわいい。そのフレーズに負けぬよう、頑張っていただきたい。

橋本環奈が新たなヒロインを務め、共演には長谷川博己、安藤政信、武田鉄矢ら。「1000年に一人の逸材!」と称される橋下さんの存在感に注目。

主人公・星泉役に抜擢されたのは、現在16歳で“天使過ぎるアイドル”と言う異名を持つ、橋本環奈。福岡を拠点とするアイドルグループ「Rev. from DVL」のメンバーです。ファンがインターネットに投稿した一枚の写真が話題となり、瞬く間に人気が全国区に拡大しました。

コメディ系に強い監督で、今回もその要素はありますが、題材が題材なだけに、銃撃シーンも多分にあります。

PG12がついています。

現在38歳、若き才能として注目される前田監督。『婚前特急』(11)『夫婦フーフー日記』(15)などコメディタッチの作品でその手腕を高く評価されているが、監督にとっても初めての挑戦が詰まった一本となった。

アイドル映画を撮っているという意識はなかったという。撮影前には銃撃シーンのある映画を見まくって、狭い空間での撃ち合いがもたらす迫力を参考にした。ヤクザ映画やコメディー、学園ものの要素もあって、「何の映画を撮っているのか分からなくなるのがすごく楽しかった」と笑う。

武田鉄矢さんとのエピソードが微笑ましいですね。

物凄い大先輩ですからね、頼りがいがあったこと間違いなしです!

同作で映画初主演を果たした橋本は、撮影中に「まだ終わりたくないな」とずっとつぶやいていたそうだが、自身がクランクアップした際、共演の武田鉄矢から「始まりがあれば終わりがあるものだよ」と声を掛けられた

武田鉄矢さんが、<好きにやっていいんだよ。カイカン(快感)っていうセリフを言いたくなったら言えばいいし、言えなかったら言えなかったでいいんじゃない?>って言って下さって、すごく気が楽になりました

■物語は…続編的な扱いになるもようです。

軸は同じですが、これまで描かれなかった「その後」を描きます。

さて、何から卒業するのか。

シリーズ累計260万部を超える赤川次郎の原作をもとに、1982 年に一大ブームを巻き起こした『セーラー服と機関銃』(監督:相米慎二/主演:薬師丸ひろ子)のその後を描いた作品だ。

女子高生が“許せない何か”に機関銃をぶっ放す、という作品の軸はそのままに、新たに高齢化社会や汚職、シャッター商店街などさまざまな社会問題が盛り込まれ、より現代的に生まれ変わった。

普通の女子高生を目指していたものの…。

道中で堂々と銃担いでいたら銃刀法違反で逮捕…というツッコみは無しにして。

町を狙われたことをきっかけに、戦いの場へ!

18歳、高校三年生の星泉(ほし・いずみ)には、組員わずか4名の弱小ヤクザ・目高組の組長という過去があった。伯父を殺した敵を機関銃で襲撃する大事件を起こしたあと、組は解散。

いまは、シャッター商店街の中で「メダカカフェ」を経営し、「組長」あらため「店長」として活躍する日々。卒業を間近に、普通の女子高生としての日常を取り戻していた。

しかしそんな泉の日常に、変化が起きる。グループ経営で都市開発を進める「ホリウチ都市デザイン」、実は堀内組というヤクザ組織がこの町を狙っていたのだ。泉は町を救うため、目高組の再結成を決意する。

■本作は何度か映像化されています。

若いですね。

この頃と比べると、今は本当に女優としてのレベルが上がりました!!でもこのウブな感じも魅力的ではあります。

1 2





take0518さん

映画はアクション、サスペンススリラー、SFが特に好きだが、内容が良ければ何でも観ます。漫画で興味があるのは「NARUTO」「七つの大罪」「ワールドトリガー」。そしてかわいい子が大好きです。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう