1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

今すぐ準備!震災グッズに追加しておくと超万能な「台所のアレ」とは?

2011年の東日本大震災から5年が経過しようとしています。防災意識も高まっていると言われています。そこで用意している震災グッズの中に入れておくと便利な「ある物」を知っていますか?被災者が教えてくれた知恵を皆様にも!

更新日: 2016年03月07日

canty0628さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
596 お気に入り 234936 view
お気に入り追加

地震大国日本!頻繁に地震が起きています

さらに東海、南海、東南海地震が今後30年以内に起きるといわれています

日本はユーラシアプレート、北アメリカプレート、太平洋プレート、フィリピン海プレートの4つのプレートが接する場所にあり、これが地震が多発する原因といわれている。

世界で起きているマグニチュード7以上の地震のうち、10個に1個が日本や日本の周辺で発生したもの。

高知県の人ってちょっとの地震でもめっちゃビビってパニックになるでね笑笑 いつくるか分からんって怖いわー 地震=南海トラフ地震

5年前に起きた東日本大震災で防災意識が上がった日本

2011年(平成23年)3月11日14時46分18秒発生。
現在までの死者・行方不明者は18,456人にのぼる。

東日本大震災から5年が経とうとしてる ほんとにあの時はテレビの報道をみて心が痛かった あの悲劇を忘れてはいけない

2011年3月11日の東日本大震災以降は、防災意識も上がって、以前に比べると「防災グッズ」をすでにそろえたという人が、かなり増えたといわれています。

防災グッズ用意した(´・_・`)(笑)怖いわー地震!!

用意しておくことが大切な防災グッズ!

震災や水害、火災などはいつも予告なしにやってきます。いざという時のために、自分や家族を守る防災グッズは必ず準備しておきたいもの。

これだけの物を普段から震災用にストックしておくのは大変。震災時には冷蔵庫の中にある物を食べる事でストック数が減らせます。

政府の中央防災会議では交通インフラなどの長期停止に備えて「一週間分の水と食料を備蓄しよう」と推奨しています。

避難をする際に何が必要なのかを考える!
例えば常備薬、コンタクトレンズ洗浄液など自分に合った物は追加しておく!

防災グッズは、家族構成や災害の種類、想定されるシチュエーション、お住まいの地域等によって用意すべき物が変わってきます。

市販の非常用持ち出し袋に自分の必要なものを入れて、オリジナルのものを用意しましょう。

被災者が語った!あって便利だったもの!

防災グッズはまとまって売られていますが、その中には入っていないけれど、あると便利なものがあります。それがサランラップです。

生活用水の確保はさらに難しい。トイレ、食器洗い、お風呂、洗濯、掃除などに必要な生活用水は基本的には使えないと想定し、水を用いない手段を用意しておきたい。

まぁ、震災で一番役に立つのはサランラップだと思うといいたいね(ここにいきつく

水を節約する方法があればいいのに!

水が出ない時、洗い物はもちろんできません。給水があった時、水を運んでくることになりますが、限られた水の量の中で洗い物なんて、優先順位で言うと最後の最後に後回しです。

1 2





canty0628さん

気になることを「上質」なまとめとして発信していきます!似たまとめがあったとしても、他より「分かりやすく」「オリジナル」がモットーです。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう