1. まとめトップ
  2. 雑学

心がボロボロになる前に…ちょっとラクになる生き方

凹んだり気持ちがモヤモヤして落ち込んだ時ってどうしていますか?最近、漫画家の蛭子能収さんの日めくりカレンダーに救われと話題になっています。心がボロボロになる前に生きるのがラクになるコツを紹介します。

更新日: 2016年03月06日

1240 お気に入り 182511 view
お気に入り追加

気分がブルーになる時ってどうしていますか?心が楽になるコツ

気分が凹んだりブルーな時に使える!心が楽になるお話です。

日常生活の中で、色々な人の言動が気になったり、実際に言われた事が気になったり、更に様子が気になったり…

何かと話題の蛭子能収さん。周りの目を気にせず言いたい放題やりたい放題なのに、なぜか人から憎まれない珍しい存在。

(蛭子能収プロフィール)

1947年10月21日、長崎県生まれ。高校卒業後に上京し、看板屋・ちり紙交換・ダスキンのセールスマンなどの職を経て、1973年に漫画家デビュー。俳優やタレントとしても活躍中。

蛭子さんの日めくりカレンダーがなかなか沁みること言ってた

蛭子さんの日めくりカレンダーの言葉が響いた、というか、共感した

「蛭子さんに学ぶ」心がモヤモヤしたら!こんな考えも...

空気を読むってことは、正直なことを言えないってことだから。

誘われても断れる友人こそ本当の友人、と思えばラクになれる

一緒にいて自分らしくいられる人だけそばにいればいい、そう考えられれば気持ちがラクになりますよね!

目標のハードルを下げれば、毎日ラクな気分で過ごせる

今、生きている瞬間を楽しんでいることが一番大事なんですよね。

さらに心が楽になるコツを紹介します。

人の悩みの大半は人間関係によるものが圧倒的と言われているため、人付き合いが面倒であることに対して、何とかしたい

前向きばかりだったらつぶれちゃいますよね。だからたまには後ろ向きのことも考えてOK。そのほうが失敗を受け止めやすいかも

無意識のうちに「ほめられたい」「見返りがほしい」と思っているのに報われなくて、ストレスがたまってしまう。

そうなる前にさっぱりあきらめる。求めなければ、その分どんなときでも状況を受け入れられる心のゆとりが生まれます。

職場で、プライベートの付き合いや、悪口にウンザリした時は、距離を置くことです。

時々自然の中で過ごす時間を作りましょう。日ごろこだわっていたことが、小さなことに思えてきて心が楽になります。

なぜなら、人間というのは間違った評価をされるのが普通のことだからだ。

自分をよく見せようと無理もしないので気持ちに余裕が生まれ、周りの声はどうでもよくなってしまいます。

一般的に日本人は、僕も含めて、まじめすぎるんだと思います。だから、少しナメていく位がちょうどいいんだと思います。

例えば、普段は選ばないような色の服や、形のメガネ等をかけてみてはどうでしょうか?

すごい人と比較して生まれるのは、嫉妬・劣等感・自己嫌悪。落ち込むくらいなら、何も見ないで自分の世界にこもる方がいい

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう