1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

ググってちゃダメ?10代の「検索スキル」がハンパない

フツーに参考になる。

更新日: 2016年03月08日

bianka-xoxさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1693 お気に入り 794400 view
お気に入り追加

「ググる」以外に、そんなに使ってるの…

【最近検索によく使うサービス】「Google」33%、「Twitter」31%、「Instagram」24%、「Yahoo!」12%

「Googleで検索すると文字が出てくるし、SEO対策されている。あとはスポンサー(広告)とかが上がってきてリアルじゃない」

一昔前ならGoogleで検索して化粧品のランキングを見ていたが、いまは見ません。結果にウソが多いのも若い子は知っている

Twitter→「最新情報」と「リアルな声」の宝庫

「情報をつぶやく」よりも、情報収集に便利らしい。

瞬間的にキテるものとか、新しく登場したものについては、ツイッターがバツグンに便利。

「速報などを知りたい時」「検索エンジンでもヒットしない情報を探す時」

確かに、電車の遅延情報とか、地震とかはTwitterで調べるかも。

【例えば】新作アプリやリアルタイムネタなどは検索エンジンではヒットしないため、Twitterが向いている

これは確かに…!!

「実際に使ってる人とかのリアルな生の声が見れるから。Yahoo!、Googleはよくもわるくもちょっと会社の情報って感じ」

日本でtwitterが流行ってるおかげで、google検索を掛けるよりもtwitter検索を掛けた方が見つかりやすいような情報も多い。 サイトのSEOも、googleの検索結果1位を目指すより、何か変わったことをやってtwitterでバズらせたほうが拡散力は高い。SNSの時代

時代変わったなー。。

インスタ→実際に行く前に、リアルな様子を知れる

「#◯◯カフェ #おすすめ」といった検索結果で表示された画像を見て、食事の注文を決めるといった使い方も。

この例が10代全体のネットの使い方ってわけではないんだろうけど、この感覚はなかった Googleは使わない、SEO対策しているから——Instagram有名人のGENKINGが語った10代の「リアル」 | jp.techcrunch.com/2016/03/03/ist…

大分旅行、どこ行くか煮詰まってたけど、インスタでいい温泉見つけた!(༓∀༓)♡

インスタのハッシュタグで京都のカフェ見てたら行きたいとこたくさん出てきた

インスタ検索してて 行きたいなーって思ったとこ! フルーツのパフェとかあるらしくて❤️ 誰か一緒にいこー!← pic.twitter.com/XTYDcpP7ri

【ちなみに】Twitterの検索のコツ

時間を限定したいときは、「until」と「since」が使える。

「オリンピック since:2014-01-01」→2014年1月1日以降の「オリンピック」を含むツイートを表示

コロンと、ハイフンを忘れないように!

「オリンピック until: 2014-06-30」と入力すると、2014年6月30日までのオリンピックを含むツイートを探すことができる。

1 2





bianka-xoxさん



  • 話題の動画をまとめよう