1. まとめトップ

仕事の速い人は、世の中は「早いもの順」だと言う事を理解した時間の使い方してる

残業をして「仕事をしたつもり」にならない  「早いもの順」であり「早いもの勝ち」が、まかり通る世の中 相手の要求レベルを素早く理解できる人は仕事が早い

更新日: 2016年03月23日

q6600esさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
618 お気に入り 80878 view
お気に入り追加

◆5分前行動は1時間以上の効果がある事を知っている

始業時間になると電話が掛かってきたりするものです
そういう時大体はギリギリに来た人が取らされてますよね

仕事の早い人は掛かって来る電話に振り回されないように
自分から要件のある電話を掛けるわけです

『忙しい人』は、携帯電話にかける数より、かかってくる本数が多い。
『仕事ができる人』は、携帯電話にかける数の方が多い。携帯電話にかかってきて仕事を中断させられる事態を、先手を打つ事で防いでいる。

レスの早い人は、「スマホで返してくる」ケースがあります、タイポがちらほらあったりしますが、意味がわかれば十分です。

正確なメールが2日後に返ってくるより、打てば響くように返ってくるタイポ混じりのレスのほうが100倍いい

【巧遅拙速】巧遅は拙速に如かず、「素晴らしい出来で遅い」のは、「下手だけど速い」のにはかなわない、という意味だよ♪仕事の早さをとるか、完璧さを求めるか、難しいところだけど、仕事を頼んだ人からしたら、早いほうがいいよね?一旦完成させてから、余裕があれば質を高めていくほうがいいね☆

早く仕事を始めることで、ほかの人より余裕ができ、リードができ、立場も有利になります

◆仕事のゴールを決める

まずは、目的は何か、どのレベルで完了させればよいのか、これから取り掛かる仕事のゴールを設定しましょう。

ゴールイメージをすり合わせないまま仕事を進めることは、発注者とのトラブルや、仕事のやり直しの原因となります。ゴールイメージのズレは、仕事の終盤になってから明らかになる事が多いものです。

『忙しい人』は、終了時間への認識が甘い。
『仕事ができる人』は、絶対にここまでに終わらせるというスケジュール意識が強い。

相手の要求レベルを素早く理解できる人は仕事が早い

出典epicks.jp

ールイメージのズレは、常にある最初に確認する 大体仕事の終盤になってから明らかになる事が多いものだから。

ゴールイメージをすり合わせないまま仕事を進めることは、発注者とのトラブルや、仕事のやり直しの原因となります。

どれくらいのクオリティで、いつまでに仕上げたらいいかを必ず確認している

◆仕事のゴールまでを作業に分解する

仕事の速い人は、ダラダラとなんとなく仕事をすることはなく、「どの作業にどのくらいの時間がかかりそうか」見積もりを立てていくもの。金銭の見積もりと同様に、時間も見積もらない限り効率的な仕事はできないということです。

『忙しい人』は、いきなり仕事にとりかかって仕事にとりかかり、後で段取りを考える。仕事完了に近くなった時点で「仕事の目的と最終完成物」を考える。
『仕事ができる人』は、仕事の始めに「仕事の目的と最終完成物」を明確にし、感性の為の段取りを考えてて仕事にとりかかる。

仕事をするときには、きちんとTo Do リストを書くようにすることが大切

「やるべきこと」しか書いていないTo Doリストでは不十分だといいます。つまり重要なのは、「いつまでにやるか」の期限をはっきり書いておくこと

仕事が速い人というのは、仕事の仕方が「ツイッター的」。つまり、少量のアウトプットを細かく出すことで、他人をうまく巻き込むんです。このやり方だと、相手とやりとりをする時間はかかりますが、見当違いのものをつくってしまう危険は減ります。結果的に大幅な時間ロスを防げるわけです。

◆最も時間のかかる作業を見極める

それらの作業の中でいちばん時間のかかる作業を見つけましょう。仕事の段取りは、このいちばん時間のかかる作業を中心に組み立てます。

サラッと人に頼みごとができる、人が助けてくれる環境を作り上げている

最も時間の掛る=他人を使う事も真っ先に考えるべき
いざ遅れてから応援呼んでも間に合いません
先に言うなと言われても一旦牽制球を投げると投げないのでは全く違います

作業には依存関係があります。“どの順序で進められるか”、“どの作業が並行してできるか”を見極めてください。

◆作業ごとの時間を見積る

作業記録をつける 営業日誌は伊達じゃありません
上司に報告する道具ではなくあなたが検証する道具です

驚くほど時間が足らないことに気付きます
応援が必要な時は躊躇しないで頼みましょう

1 2 3





q6600esさん


楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう