1. まとめトップ
  2. 雑学

責任転嫁されたらどうする?スケープゴートの深層心理と対処

人は間違いをおこす生き物ですが、周りに絶対に責任を取らない!若しくは、責任転嫁する人、言い逃れの上手い人に合ったらどうしますか?スケープゴートに為らない方法を紹介します。

更新日: 2016年03月06日

189 お気に入り 46943 view
お気に入り追加

責任転嫁する人に出会ったらどうしますか?スケープゴートは嫌

責任転嫁ばかりで、自分の非を認めないタイプってどうするっていうお話です。

スケープゴートとは?

集団自体が抱える問題が集団内の個人に身代わりとして押しつけられ、結果として根本的な解決が先延ばしにされること

何か起きると「それはあの人がこう言ったから」などと他人のせいにしてしまう人に困っていませんか?

責任転嫁するほうは簡単で楽ですが、されたほうはたまったものじゃありませんよね。

森喜朗会長、聖火台問題で「私が悪いと怒られる」「一番悪いのは馳浩」【新国立競技場】

「組織委ばかり悪者にされる」と苦言を呈し、「一番悪いのは馳浩だ。文部科学省だ」と名指しで批判したという。

なぜ人は、責任転嫁してしまうのか?

不都合な展開が生じると、人は誰しも人望や評価が下がってしまうことを怖れるものです。

自分以外のものに原因を押しつけることでストレスから自分を守ろうとする、と考えられています。

自分に多くの責任があることを認めず、外部に責任があると主張すること。人の所為にすること。責任の押し付け、なすりつけ。

人のせいにする人の深層心理は...

心理の根本にあるのが「自己愛」であり、「自己防衛本能」です。つまり、責任転嫁の一番の原因は「本能」ということになります。

心のどこかで「自分だけは特別」だと思っている

自己の責任から逃れるため無意識に自己防衛が強く働きます。彼らは自分のことしか考えていません。

とても信じられないかも知れないけれど、相手の人はあなたに対して信頼や甘えたい気持ちを抱いていることが多いんです。

恥ずかしさやプライド、はたまた「誰かに頼ったことがない」などの理由から、うまく表現できないわけです。

では、そんな厄介なタイプの人の対処方法

ストレートに指摘をするのでは無く、時間が経過して相手が頭を冷やしてから、助言という形を取りましょう。

「○○さんがそう仰るならそうします」といった言葉を残しておくのもひとつの方法と言えるようです。

あらかじめ「責任が誰にあるのか」という点を明らかにしておくというのも有効な方法とされています。

「申し訳ないですが、会社の責任問題に関わりますので私では対応できません」と一蹴してしまいましょう!

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう