1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

小松菜奈で『溺れるナイフ』映画化!3年前のCMがリアルにソレだった

少女漫画好きの間では伝説となっている人気作品『溺れるナイフ』が実写映画化。主人公・夏芽に選ばれた小松菜奈がかつて出演していたdocomoのCMが夏芽すぎる!

更新日: 2016年04月06日

kazooneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
254 お気に入り 377573 view
お気に入り追加

■人気少女漫画『溺れるナイフ』が実写映画化

ジョージ朝倉原作の伝説的コミック「溺れるナイフ」の実写映画化が発表されていたが、小松菜奈と菅田将暉という、最も勢いのある2人がW主演することも明らかになった。

東京で雑誌モデルとして活動していた美少女・夏芽が、ある事情から引っ越してきた田舎で、独特の雰囲気をもつ容姿端麗なクラスメイトのコウに特別な感情を抱く。

まだ何者でもなく何者にでもなれると感じる全能感とも言うべき"10代の一瞬間"の謳歌と挫折、そして再生を、少年少女たちを通して、激しくもはかなく描く。

■主人公のモデル美少女・夏芽を小松菜奈が演じる

田舎へ引っ越してくる東京で雑誌モデルをしていた主人公の美少女・望月夏芽を演じるのは小松菜奈。

その唯一無二の存在感で見る者を圧倒する若手演技派は、本作が映画“初”主演となる。

さらにジャニーズWESTの重岡大毅、上白石萌音も主要キャラクターを演じる。

夏芽とコウちゃん役が小松菜奈ちゃんと菅田くんとか役がぴったりすぎて泣ける。。。コウ役が菅田くんとかやんばいよ #溺れるナイフ pic.twitter.com/qJvoXCN98o

■夏芽ってどんな女の子???

ティーンモデルとしての絶頂期に田舎へ引っ越すことになり、絶望していたが、コウとの出会いで変わっていく主人公・望月夏芽。

夏芽は、田舎を取り仕切る神主一族の跡取りで、人を寄せ付けない雰囲気を持つコウこと航一朗を“わたしの神さん”と呼び特別視していく。

お互いを特別視し合う夏芽とコウ

長身でほっそりとした手足と綺麗な顔立ちの美少女で、目立つ外見や出身の違いからなかなか周囲に溶け込めなかったが、その「浮いた」雰囲気が天才カメラマンの目に留まる。

CMや映画の出演も決まりすべてが順調だったのもつかの間、熱狂的なファンに襲われるという事件が起こり、彼女はトラウマを抱え、心を閉ざし居場所を失う。

■3年前のドコモのCMの小松菜奈がリアル夏芽すぎる!!

モデルとして活動してきた小松菜奈が注目を集めたのは2013年のドコモ dビデオのCM。

映画『告白』、『下妻物語』などの作品を手がけてきた名監督、中島哲也がCMを手がけ、美少女2人も監督自ら抜擢。

田舎に住む純朴な女子中学生と都会から転校してきた大人っぽい女子中学生の出会いからの関係性を描いたもの。

このCMで演じた強烈な存在感を放つ少女の役が『溺れるナイフ』の夏芽に“そっくり”と当時、巷ではひそかな話題になった。

小松は、このCMで夏芽と同じように、都会から田舎に突然やってきた大人っぽい転校生を演じていた。

最近小松菜奈ちゃんが大好きなんだけど、このCM見ると溺れるナイフの夏芽ちゃんをどうしても連想するのは私だけ? ドコモdビデオ TVCM 「転校生篇」 30秒 youtu.be/STFm-qmcnFo

1 2





kazooneさん

読書と映画で感動を日々発見



  • 話題の動画をまとめよう