1. まとめトップ

深海で発見の”おばけみたい”な新種タコがめちゃカワ!

とにかく可愛いたこです(´∀`)

更新日: 2016年03月07日

manuronaldさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
75 お気に入り 36699 view
お気に入り追加

水深4000メートルの深海で「新種のタコ」を発見

発見されたのは、ハワイ諸島の北西にある無人島、ネッカー島の沖合の深海

地質サンプル収集を行っていた調査機が、水深4290メートルの土砂が散在する海底を移動中に、偶然半透明の小さなタコを発見。

真ん中の部分
”白い何か”が佇んでいる…

また大半の頭足類(タコやイカなど)に多い色素細胞がなく、筋肉もほとんどないように見える。

米海洋大気局(NOAA)の関係者は「今まで見たこともない外見で、同じタイプと思われるタコの中では最深部での観測」と話す。

暗闇に浮かぶ白いからだ…まるで「おばけ」

ソーシャルメディアではその外見から、「キャスパー(Casper the Friendly Ghost)」の愛称で瞬く間に話題に。

日本人的にはこっちの方がしっくりくるけど…

”おばけみたいなかわいいタコ”ってことで早速話題に

幽霊のようなタコ。 人気急上昇検索ワードにでてたからビビりながら調べたらふつーにかわいいタコでてきたんですけど、さっきの無駄にビビった時間を返して。 pic.twitter.com/P0VIEA126p

幽霊のようなタコ可愛い、可愛い、かわいいんじゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!あーーーーーーー!!!!!

まだまだ謎の多い場所「深海」

水深200メートルより深い海を指し、海面面積の約80% を占める

21世紀の現在でも”未踏の領域”がほとんど

いまだ100万種以上の未発見生物がいると言われており、その多くが深海にいるとか

深海には、過酷な環境条件に適応するため独自の進化を遂げた、特異な形態・生態を持つ生物も多い。

近年は、深海探査技術が進むにつれ、今まで知られていなかった新種が続々発見されている。

深海っていいよね 妄想するだけで恐怖感と高揚感が混ざりあったカオスな気分になる

深海生物って見てると謎の高揚感が生まれるなあああ。図鑑ほしい。

その気持ちわかります\(^o^)/

その結果、深海には”不思議なタコ”もたくさんいる事が判明

その代表的なものが「ダンボ・オクトパス」


名前の由来はディズニーキャラクターの子象ダンボ

水深300~400mの中深層に生息する深海生物で、体長は20センチ程。耳のようなヒレを動かしフワフワと泳ぐ。

そして、その中で一躍”タコ界のアイドル”になったのがこいつ

1 2





manuronaldさん

自分が気になったことをまとめていきます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう