1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

外国人のエリート社長は、武士道オタクだったりする

世界にも通じてた日本の武道の精神。

更新日: 2016年03月08日

ぱれるもさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
129 お気に入り 30924 view
お気に入り追加

弓道からビジネスのコツを学んだゴディバ・ジャパン社長

2010年ゴディバ・ジャパン代表取締役社長に就任したジェローム・シュシャン氏。

ゴディバは、この5年間で2倍の売り上げ増を達成した

シュシャン氏が、弓道から学んだことは「正射必中」

GODIVAってソフトクリームあるのね! pic.twitter.com/TEzBSPKMEd

黒蜜やゆずなどを取り入れ、ソフトクリームをつくるなど日本人が好む味を探し続けた。

売り上げや利益などの「的」を当てようとすると気が散ってしまい当たらない、正しい姿勢でプロセスを踏めば必ず当たる

弓道の一つの精神である「正射必中」を軸にビジネスにも取り組む。

商品をより多く売るため、ただ価格を下げたりあちこちへ商品を送ったりする人もいますが、それが正しいアプローチだとは思えません

私たちは、結果にとらわれて、喜んだり、意気消沈したりすることなく、それぞれのステップを正しく行うことに集中すればよい

弓道にも通ずる禅から経営を学んだApple社長

スティーブ・ジョブズが、禅を学んでいたことは有名。

「シンプルだけど複雑」。「違うものが一つにまとまる」。こうした矛盾を統合する製品

Appleにおける「シンプルへの追求」はデザイン、インターフェース、搭載された機能などあらゆるものに根付いたまさに思想

ジョブスが「禅」から学んだことは「間」

ジョブスは、アップルの理念を「フォーカス(集中)とシンプルさ」に変えた。

「抽象的な思考や論理的な分析よりも、直感的な理解や意識のほうが重要だと、このころに気づいた」

完璧なコンピュータをつくるため「間」の感覚を会得したいと訴えたジョブズに、禅師は瞑想をさせ、心を無にせよと説いた

素朴でシンプル、シャープな禅の審美眼は広く知られているが、ジョブズの製品は、まさにその投影

空手からビジネスのコツを学んだエアバス・ジャパン社長

エアバス・ジャパン社長は、武道の有段者。

日本で約20年過ごし、日本式に時には深夜過ぎまで残業する同氏は、貴重な自由時間に柔道と空手をたしなむ。黒帯の腕前

エアバスは、米ボーイングが60年をかけて築いた日本市場への支配を覆すため、フランス人武道家を起用した

ジヌー氏が武道から学んだことは「道」

道を究めることに「完成」はなく、ずっと技を磨き続けていかなければなりません。この「求道心」という精神性は素晴らしい

ただ変化に対してアレルギーがあるよう。これまでにまったく前例がなかったことは、常識の範囲外だという考え

外国人の心をつかむ武道の考え方「残心」

残心(ざんしん)とは日本の武道用語で、動作のあとこそ心を途切れさせないという極意。

1 2





ぱれるもさん

好奇心旺盛ってよく言われます。



  • 話題の動画をまとめよう