1. まとめトップ
  2. 雑学
146 お気に入り 120025 view
お気に入り追加

「天才」と呼ばれるスペイン人

1980年生まれ、スペインのマドリード出身の映画監督

イラストレーター、漫画家としてキャリアをスタートさせ映画の世界へ。

デビュー作は、映画雑誌“Caiman”が選ぶ2012年のスペイン映画第1位を獲得し、一気に注目を集める存在となる。

日本のアニメの影響受けすぎてる。

「スペインの漫画は善悪がはっきりしている。つまり作者が判断した善と悪が描かれているんだ。ところがナルトは悪に『なぜ?』という視点を持ち込み、原因を追究する。子どもながらに感銘を受けた」

やばい、考察が深い…w

『まどマギ』に登場するネコは悪いやつで、魔法少女たちがネコに願い事をすると、それと引き換えに魔女と戦わなければならない。

『マジカル・ガール』の無垢な女の子の願い事が知らず知らずのうちに人を不幸にしてしまうという根底はそれと似ているかもしれない

お、おう…。

今日買った雑誌にのってたカルロス・ベルムト監督のインタビューの、13歳の少女についての言及にすごくハラオチした。 pic.twitter.com/xS5RwWK51n

「日本の魔法少女アニメが特別なのは、日本の繊細な男たちの、成熟した女性に対して抱く不安感が、イノセンスな少女に宿り」

『美少女戦士セーラームーン』が非常に心に残った。『魔法少女ユキコ』のドレスやステッキはあの作品から影響を受けている

カルロス・ベルムト監督、マジカル・ガール脚本書いてるときにまどマギ見てたよとかでも魔法少女ユキコはまどマギよりキルラキルなんだとか、本当なんというか、ガチだな!

カルロス・ベルムト「(劇中劇の)“魔法少女ユキコ”は『まどマギ』というより、『キルラキル』に近い」 とか、ナチュラルに言ってて笑ってしまった。

他のジャンルも詳しい

日本人でも、今の若者知らんでしょ。。

「日本の漫画や映画、小説に親しみ、自分の血となり肉となっている。自然な形で作品の中ににじみ出てくるのは当然のこと」

「パシフィック・リム」のあの人も…!

CANNES, FRANCE - MAY 25: Director Guillermo del Toro poses for a picture during the 59th International Cannes Film Festival on May 25, 2006 in Cannes, France. (Photo by MJ Kim/Getty Images)

ハリウッド映画界きっての超がつくほどのオタク(特にクトゥルフ神話や日本のアニメ・特撮にお熱)

ウルトラマンなどの生みの親である、円谷先生を敬愛しているとか。

日本のマンガや特撮映画、ロボットアニメに影響を受けており、中でも円谷英二を尊敬している

1 2





bianka-xoxさん



  • 話題の動画をまとめよう