1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

新生活や就職活動で役立つ「印象に残る自己紹介」のやり方

新しい学校やクラス、新社会人の人や職場、就職活動等で初対面の人に交わすのが自己紹介。いつも名前と趣味を言って終わりって感じじゃないですか?それだけだと誰の印象にも残りませんよ。特に就職活動等ではインパクトに欠ける自己紹介は不利。印象に残る自己紹介文の作り方や注意点などを紹介

更新日: 2016年04月10日

aqua38さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
620 お気に入り 77871 view
お気に入り追加

▼印象に残る自己紹介って準備していますか?

自己紹介なんて順番が回ってきたらやればいい・・・そんな風に思っていませんか?誰かに印象付けたい時に行き当たりばったりでは何もインパクトのある自己紹介文なんて思いつきません。
就職活動の時はさすがに用意しているかもしれませんが、その自己紹介は面接官の人が覚えてくれそうですか?

春は新社会人や新入生が新天地に身をおく季節。そして人事異動で新しい部署に赴任する人も多いだろう。そうなると、自己紹介をする機会も増える

自分を知ってもらうためには、最初の自己紹介が肝心です。ここで他の人と一緒のような自己紹介をしてしまうと、印象にも残らなくなってしまいます

相手に興味をもってもらうには、自分の出身地、仕事内容、興味のあること、をつらつらと話すだけではダメ

▼自己紹介の下準備をしよう

自己紹介は順番が回ってきた時に考えればいいや!と適当に考えていてはいけません。ちゃんと覚えてもらいたいなら、下準備は必須!

基本的に自己紹介は聞き流されやすいもの。特に、アドリブの自己紹介は記憶に残りません。記憶に残る、次に繋がる自己紹介を事前に作っておきましょう

自己紹介をする時には、仕事につなげたいのか趣味の仲間を作りたいのかといった目的をハッキリさせましょう

専門性のある部分、得意なこと、好きなことなどを一度リスト化してみましょう。合コン、商談、就職など、ケースに合わせてどの強みをアピールするか決められます

▼新生活や就職活動で役立つ!印象に残る自己紹介のやり方

□自己紹介で大事なのは「雰囲気」

ちょっとの失敗をしても笑顔が好印象なら切り抜けられるときがあります。最初の印象を良くしていれば、ちょっとミスしても好意的に受け止めてもらえるのでまずは清潔感はあるか等、雰囲気作りは重要です

第一印象は、最初の6秒で決まるといわれています。だから笑顔と姿勢、そしてできるだけ大きな声で話すよう心がけましょう

・背筋を伸ばして堂々とする・相手の目を見て笑顔を意識する・大きな声でハキハキ話す
これだけで自信があるように見えますし、信頼できそうな人だと印象づけることができます

心理学的には「ハロー効果」(後光効果)といい、初めが好印象だと、その後少々失敗があったとしても、「それもこの人の特徴なのかな」と好意的に受け取られる

□笑いを獲るよりも、礼儀だけはしっかりと!

確かに面白い人というのは笑いを誘って周りも明るくなれますが、けっこう狙ってするのは難しいものです。また和ませよう、明るい印象をもたれたいと頑張りすぎるとチャラいとか、後になって「あんまり面白くないんだね」といわれてしまいます。
作って面白い人を演じるよりも、礼儀がちゃんとなったしっかりしている人を演じましょう

礼節はきちんとわきまえること。丁寧な言葉遣いや腰を低くした話し方は、自己紹介の基本中の基本です

相手の目をしっかり見て話すことが基本です。どうしても緊張するという人は、相手の鼻のあたりを見るようにしましょう。

初対面で「面白い奴だな」という印象を持たれてしまうと、その後ハードルも上がってしまいます

□自分の名前はゆっくりと、そしてはっきり!

ボソボソ話していても誰も聞いてくれません。印象がいい話し方は、ゆっくり・はっきり・明るく大きな声!早口な人は気をつけてみてください

ゆっくり・はっきり・明るい声で話す。これを意識することが重要です。第一声で早口になったり、変な声が出たりすると、さらに緊張してしまいますから、まずは心を落ち着かせてから話し始めましょう

小さな声の人は自信のない印象を与えますし、ダラダラと抑揚なく話す人の話は情報が頭に入りづらく、まったく説得力のない話に聞こえてしまいます

自分のあだ名やニックネームを伝えるとより一層イメージとして記憶に残りやすい

□自己紹介では情報を3つ盛り込む

簡潔すぎるのもダラダラ長いだけなのもまったく意味がありません。人から覚えてもらえる要素も3つくらいまでです。当然名前は1つ目。あとはニックネームや趣味を持ってきてそれに関連する事を簡単にアピールすればOK。

自己紹介の内容が自分で選べる場合、教える情報は三つまでにしておきましょう。聞く人が共感を持ってくれるような情報を三つピックアップして紹介します

名前・ニックネーム・趣味でも3つです

自信のあることをたくさん並べて話すよりも、一つだけ『誰にも負けない!』という点をアピールする方が、印象に残りやすくなります

1 2 3





aqua38さん

お気に入り登録してくださった方ありがとうございます
女性向け、ライフハック、美容、子育て、雑学、暮らしのアイデア、DIY、100均アレンジ等役立つ情報をまとめています



  • 話題の動画をまとめよう