1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

人見知りでも大丈夫!コミュ障もイケる人付き合いのコツ

よっぽど楽観的な性格な人を除いて、日本人の多くは人見知りや俗にいうコミュ障傾向があるそうです。人間関係を円滑にする。どこにでも使える人付き合いのコツを紹介します。

更新日: 2016年03月08日

531 お気に入り 76654 view
お気に入り追加

人付き合いって得意ですか?それとも苦手?付き合いのコツ

人付き合いが苦手な人でも、うまく付き合うコツのお話です。

人付き合いは、毎日の生活の中で、充実感を与えてくれる反面、面倒くさいものでもあります。

職場や学校の人間関係に悩む最大の原因はコミュニケーションだと言われている。

うまく他人とコミュニケーションをとることができず、俗にコミュ障と言われることがあります。

そもそもコミュ障とは?

「コミュニケーション障害」の略称で、他人との何気ない会話が苦手であったり、苦痛に感じる人のことを指すようです。

そのほとんどの多くが本当に言語を発することができない「コミュニケーション障害」を持っている人ではなく、あくまでも比喩であり、ネット上のスラングである

誰もが持っている防衛本能なんです。ただ、人よりも警戒心が強い場合に、人見知りだと認識されてしまうだけです。

どの程度なのか試してみますか?

ただなんとなくコミュニケーションが苦手な人をそう呼んでいる感じもします。

もしコミュ障度が高い時は、どう克服する?

人と接するのが苦手な人がコミュニケーションを円滑にするにはどうしたら良いのでしょう。

自分にできることと、できないことがあっていいと認識し、コミュニケーションを楽しんで。

経験値が増えるのに比例して、会話力も向上していくはずです。なので、何でも良いから他人に話しかけるようにしましょう。

「会話の中で優位に立とうとしない」「ウソ禁止」「自慢はご法度」「相手の言うことを否定しない」という注意点も

そう言う事も含めて、どこでも使える人付き合いのコツ

まず朝の挨拶からはじめましょう。自分から声をかけるという行動は、人付きあい苦手克服の第一歩となる行動です。

いつもと言う訳にはいかないでしょうが、出来るだけ人と対面する時には、笑顔を作るように努力してください。

第一印象で最も大切なのは笑顔です。笑顔を作るのが苦手という場合は、まず口角を上げる事を意識してみて下さい。

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう