1. まとめトップ
  2. 雑学

大物続々…いまや伝説的な海外の「卒業スピーチ」

これは忘れない…!

更新日: 2016年03月09日

1548 お気に入り 183499 view
お気に入り追加

JKローリングが語る、「失敗の意味」

2008年にハーバード大学の卒業式で行ったスピーチで、失敗することの大切さと想像力を持つことの重要性を訴えた

シングルマザーとして、辛い時期を過ごした過去が。

「結婚はあっという間に終焉を迎え、仕事もなく、シングルマザーとして、まさにホームレス一歩手前という貧困の際にありました」

離婚後の生活苦と貧困でうつ病になり、「自殺も考えた」ことがある。生活保護も受けていた。

失敗しないようにする時点で、失敗している、とも語っている。

失敗は私に、私自身の事を教えてくれました。私は自分に強い意志があり、自分の心は鍛えられているのだと気付きました。そして私には、ルビーよりも価値がある友達がいることに気付きました。

「大人の多くは何を持っているか、何をやり遂げたかを幸せの基準と思いこむけれども、それがあなたの人生を決める訳ではない」

「自分が変われば世界が変わる」ということはつまり、私達は他者とのかかわりを避けることができない、更に、私達はただそこにいるだけで他人の人生に関わってしまうということ

高校生のころ、JKローリングが大学生に向けて行ったというスピーチの書き起こしを読んですごく感銘をうけたんだけど、ご本人は「あなたたちが将来、このスピーチで覚えているのは『ゲイの魔法使い』というジョークの部分だけだ」と冗談を飛ばしてた。5年たった今まんまと、それしか思い出せない

ユーモアを忘れないところが、かっこよすぎる。。

ロバートデニーロも最高のスピーチしてた。

ニューヨーク大学で、去年スピーチを行った。

まわりの仲間を大切にすることや、芸術家が持っておくべき心得など、若い人たちに向けて伝えたメッセージに拍手が鳴り止まなかった

学校でオールAをとっていましたか?もしそうなら、よく頑張りました。でも現実世界で、もう二度とオールAをとることはない

「拒絶されることはこれから幾度となくあるだろう。そんな時は、すぐ『次!』常に新しいチャンスがある」

一緒に働く人たちとの連携や友情や人間関係を大切にしろ。大きな創造的な転換点になるかもしれない

「仕事を重ねるにつれて、信頼は更に強まり、互いを頼るようになる。そしてこれが創造的チャレンジの可能性を更に高めてくれる。一人ではないと感じるようになる」

クリエーターになろうとする人は必読。ロバート・デニーロ、芸術学部卒業式のスピーチ。面白すぎるがサラッと読み飛ばすなかれ。「君たちには新しい扉が開かれようとしている。一生拒絶され続ける扉だ。避けられないことなんだよ」 logmi.jp/66748

「ジョブズ以上」とまで言われた、名スピーチ

テキサス大学で2014年に行った卒業スピーチ。

動画再生回数は約300万回を超え、驚くほどの勢いでシェアされた感動のスピーチ。それは世界中の人々の心に刺さる内容でした。

たった10人の人生を変えることができたら。そしてまたその人たちが10人の人生を変えたら。5世代後には、8億人の人生を変える

テキサス大学の卒業生が8000人だったことから。

1 2





kahukahukahukaさん

エンタメ中心にまとめる所存ですっっ



  • 話題の動画をまとめよう