1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

乙武洋匡氏が国政選挙へ出馬…ネットでは賛否の声が出ている

自民党が来る国政選挙で、著書「五体不満足」などで知られる作家で元・東京都教育委員の乙武洋匡氏の擁立に向け、最終調整していることが分かった。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年03月09日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
11 お気に入り 85407 view
お気に入り追加

○自民党、乙武洋匡氏擁立で最終調整

自民党が来る国政選挙で、著書「五体不満足」などで知られる作家で元・東京都教育委員の乙武洋匡氏の擁立に向け、最終調整していることが分かった。

衆参ダブル選挙の臆測もある中、関係者によると、乙武氏は国政選挙への出馬に意欲はあると見られている。

自民党幹部は「子育て世帯への支援にも熱心な乙武氏には政権与党の中で汗をかいてほしい」と話している。

○コメンテーターとしても活躍中の乙武洋匡氏

大ベストセラー「五体不満足」の著者として知られ、ワイドショーのコメンテーターとしてもお馴染みの存在となった乙武洋匡氏。

先天性四肢切断(生まれつき両腕と両脚がない)という障害があり、移動の際には電動車椅子を使用している。

大学在学中に出版した『五体不満足』がベストセラーに。

その後、教育に強い関心を抱き、新宿区教育委員会非常勤職員「子どもの生き方パートナー」、杉並区立杉並第四小学校教諭を経て、2013年2月には東京都教育委員に就任。

○東京都教育委員を辞職し政界に転身するとの噂があった

乙武氏は、著作活動のかたわら、2013年には東京都の教育委員に就任した。

乙武氏に対しては、自民、民主両党に擁立への待望論があるほか、親交がある日本を元気にする会の松田公太代表が、出馬を打診したことを認めている。

しかし去年12月に任期途中で辞職し、政界に転身するのではとの見方が出ていた。

○コメンテーターとしては見納めか

乙武氏は、「生まれつき環境に恵まれない人でも活躍できる社会を実現したい」との考えで、安倍政権が掲げる1億総活躍社会の政策にも共感していると見られる。

○このニュースについてネットでも話題になっている

乙武氏の話はいいんじゃねの。野党から出る方が不自然だし。公人の方が分かりやすいと思うけど。

まあ、乙武さんの政策、障害者や差別問題、内政、外交問題、安保法案への見解、とりあえず耳を傾けてみようとは思う。

乙武さんが自民党から出馬するらしい。 はやく、保育士出身の議員さんとか、女性の総理大臣がみたい。

乙武さんがほんとに立候補するのか知らんけど、自民から出るなら何かひとつでも、障害者や教育のためにいいと思ったことを形にできるといいなと。害の字をひらいていないのは、もちろん彼への共感の証である。

○出馬を批判する声も出ている

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。



  • 話題の動画をまとめよう