1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

日本ありえない…JKビジネスに海外がドン引いてる

海外にまで影響を与えてたのか。

更新日: 2016年03月11日

夕-みんさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
57 お気に入り 190173 view
お気に入り追加

制服姿でマッサージ、散歩、のぞき見、撮影などの形態があるが、問題なのは「裏オプション」と呼ばれる性的サービス

海外メディアからのバッシングがすごい

「制服姿の若い女性に、多くの大人達が取りつかれている現状を、社会はどれほどまで寛容に眺めるつもりなのだろうか。」

とある海外のライターの発言。

最近では国連からも叩かれていた

国連の人権問題の専門家は、「JKビジネス」について、性的搾取を助長するものだとして禁止するよう勧告

女子高生らがいったんビジネスに従事すれば「雇用者や顧客から、性的サービスの提供を強要されることになる」と訴えた

実際に被害者も後を絶たない

実際に働いた女子高生からは、「店長が助けてくれなかった」、「気持ち悪い思いをした」などの相談が警察に寄せられている

2012年~昨年末までに370件もあったとか。

女子高生らが何らかの被害にあわないかぎり業者の摘発ができず、法令で取り締まれないケースも多く、規制が難しいという現状

最近になって、ようやく規制の方向へ

遅すぎるくらいだけども。

今年1月より、警視庁はこうした店を規制する、新たな条例の制­定に向けた検討を開始している

昨年10月にはNPO法人など11団体が、マッサージや会話のようなサービスでも児童福祉法と、児童虐待防止法違反とするよう国に求めている

愛知県では昨年7月より、18歳未満の少女に制服姿でマッサージさせたりした場合、営業停止などの処分ができる条例が施行されている

1





夕-みんさん

インコと文鳥はちがう生き物。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう