1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ランドセルや風呂!?トヨタのレクサスが最近色々おかしいw

トヨタの高級自動車ブランドのLEXUS。最近はバック・トゥ・ザ・フューチャーのようなホバーボードやランドセルなど車とは一見全く関係ないものを作っていました。

更新日: 2016年03月09日

datoyaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
27 お気に入り 63343 view
お気に入り追加

■トヨタの人気高級自動車のレクサス

トヨタ自動車の高級車ブランドとして、1989年に誕生したレクサスは、アメリカ合衆国およびヨーロッパでの展開を経て、2005年に日本でブランド展開を開始。

続いて3位にトヨタ自動車の高級ブランド「レクサス」が入り、昨年まで3年連続でキープしていた首位から転落した。

ブランド力で3位

2月の米高級車販売ではトヨタ自動車の「レクサス」が首位に浮上した。

海外での人気は高い。

レクサスはスタイルや内装だけではなくハイブリッド車を増やして環境に優しくしてるところもかっこいいね(^_^)

■その車のブランドだったはずが・・・最近は違うもの作ってたw

■バック・トゥ・ザ・フューチャーのようなホバーボード

SF映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」にも登場した空飛ぶスケボー「ホバーボード」を、トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」が本当に開発しているようだ。

このホバーボード「SLIDE」は全長85センチ、重さ15キロ。サイズは普通のスケートボードより若干大きめ。

空中に浮かせる技術に関しては、ホバーボードの断熱性の中核部に、HTSL(高温超電導体)をレイアウト。液体窒素に満たされた低温保持装置の中で、マイナス197度まで冷却する。

公式サイトの説明や動画「The Lexus Hoverboard:The Story」によると、開発に1年以上を要したという。

●実はこれAMAZING IN MOTIONというレクサスのCMシリーズ

デザインは、レクサスの象徴であるスピンドグリルがモチーフにされており、カーボンなどの最先端の素材や、竹といった自然素材で作られている。

しっかり自社をアピール

同プロジェクトは、「不可能と思われることを可能」にし、「動き(motion)を通して楽しさを想像したい」という思いを元に、同じ情熱を持つパートナーと協業で空飛ぶスケートボード「LEXUS ホバーボード」を開発するというもの。

レクサスは7月2日、グローバルブランド広告キャンペーン『AMAZING IN MOTION』の第3弾となる『STROBE(ストロボ)』を発表。光をまとった人間が夜の街を縦横無尽に駆け巡る。

■そして・・・ランドセルを発売することになった

LEXUS が全国の販売店で購入出来る「LEXUS collection」の商品ラインナップとして、な、なんと15万円もするランドセルの販売を開始したというではないか!

どうしてこうなったのか・・・

世界が注目するカーボンブランド「hide k 1896」とのコラボレーションにより、最先端素材リアルソフトカーボンと最高級の人工皮革ベルバイオを使用した、軽くて丈夫なレクサスオリジナルのカスタムオーダーランドセルです。

1 2







  • 話題の動画をまとめよう