1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

危ないなと思う。子どもを乗せたママチャリの運転っぷり

意外と歩道でもスピードあげちゃってるんだよね。電動アシスト自転車は、軽いから。

更新日: 2016年03月10日

akashi2さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
45 お気に入り 81977 view
お気に入り追加

子どもを乗せて走ってもいい「ママチャリ」

でも、軽い力でスピードがあがる電動アシスト自転車が、歩道を突っ走るのは…どうなの?

安全基準を満たす自転車で、16歳以上が運転する場合は、前後の幼児用座席に1人ずつ6歳未満の幼児を乗せることが可能

でも、ママチャリで歩道を突っ走っては危ない

子どもを乗せたママチャリだから…と歩道でと思いがちだけど「徐行」が条件。

自転車は、道路交通法上、軽車両。そのため、歩道と車道の区別がある道路では、車道通行が原則

ロードバイクもママチャリも同じ自転車なので、交通ルールは変わりません。「私はママチャリだから大丈夫」ではない

車道を通るのが危険な場合や、自転車通行可の標識がある場合などは、例外的に歩道も通れますが、その場合は必ず徐行

電動ママチャリ+お母さん+子供二人+荷物で総重量は優に100kgを超える。そんな大重量の物があのペラッペラのブレーキで即座に止まれる速度って何キロくらいなんだろうね。やっぱりせいぜい時速10キロくらいじゃないのかなあ。

スピードがついた重い車体で、急ブレーキかけるとすぐに止まれず大転びしやすい。

自転車が走れる歩道もあるそうですが、多くはありません。

電動アシストは思ったよりスピード出るから、充分気をつけて

自転車が歩行者の通行を妨げるような場合は一時停止

歩道は、歩行者が優先。

朝から電動ママチャリに轢かれそうになったおいら。 をひをひ、歩道は徐行ぢゃ。 ちなみに、おいらも電動。(はぁ?)

電動ママチャリとか前後に子供載せた超重量の物体が平地の最高速度24km/hですり抜け図ってきてそっちのが怖いです。

自転車も、車道を走る際は車と同じ「左側通行」となります。逆走は危険なのでやめる

横断歩道に右折する車がいてもう通過しかけていたのに、電動ママチャリ(子供乗車)が減速しようともせずに突っ込んで行った。車はギリギリ通過でセーフ、その後ろの原付きは気づいて停止。でもその原付きに後ろから乗用車がコツン。無謀なチャリのせいで小さな事故。子供乗せてるのに考えられない。

朝から車道の真ん中をママチャリで走る猛者を発見

子どもと自分の命を守るために、車のルールを把握して動きを予想するのも大事。

ただ子どもを乗せて、車道を走れとも強く言えない

自転車の前部分の子供乗せは15kgまで。前後に子供を乗せる場合、合計30kgまで

重さが20キロ近いママチャリは、荷物や体重の重い子どもを乗せると過積載となりがちで違反に。

イギリスは相次ぐ自転車利用者の車道での事故死を受け、日本のママチャリのように歩道を走れるようにしてはと注目された

日本では近年、歩行者と自転車の接触事故が増加しているため、早期の自転車レーンの設置が望まれる

ママチャリの前後に子供を一人ずつ乗せたお母さん、幼稚園くらいの長子は自分で自転車漕いでいる。 子供に歩道を走らせ、自分は並走して車道を行く。 見ていてハラハラしたけど、子育ては命懸け。この三児の母に幸あれ。

お母さんひとりで、ベビーカーに1人、抱っこ紐に1人、おんぶ紐に1人というのを見た。 母強し! 昔、ママチャリで前に1人、後ろに1人、背中に1人乗せて、保育園の荷物を右肩左肩で颯爽と走り抜けるのを見たときも思ったけど、母、強し!

いやいや、危ない!けど、現実を前に仕方がない…。

ママチャリで走るためのルールには、意味がある

抱っこ紐を使って赤ちゃんを前に抱っこした状態での自転車の運転は禁止

1 2





akashi2さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう