1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

中学生だと…!?少年プログラマーたちの天才っぷりがすげぇ

スマホ世代は違うね…

更新日: 2016年03月12日

うえすtinさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
158 お気に入り 113397 view
お気に入り追加

14歳で最優秀賞受賞!天才中学生プログラマー

10歳の時、図書館でプログラミング関連の本を見つけ興味を持つ。さっそく本を借り、C++を独学で学び始める

「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2012」U-15(15歳以下)の部の最優秀賞は当時小学校6年山内奏人くんの「忘れ物なくし隊」

Rubyはプログラム言語の一つ。

忘れ物をなくす、そんなことがプログラムでできるのか…

学校に持っていく物をパソコンに打ち込んでメールを送信、チェックするというもの

ほほー

アメリカのシリコンバレーに行ったり、いろんな職場経験をさせてもらったそうです

僕は、世界がどうなっているのかを把握しながら、自分の知識をアップデートして、日本人のよさを生かして世界で戦いたい

僕は昔から、明日死んでも後悔しないように、一日一日を大切にして生きるようにしています

す、すみません!…胸にささるわ…

16歳で日本文部科学大臣賞と富士通賞をダブル受賞

中学1年生でプログラミングを始め、Linux・Androidについて度々講演を行う。未踏プロジェクト最年少採択。AndroidセキュリティをテーマにJSEC2012で文部科学大臣賞を受賞

英語多すぎてイッパイイッパイです…

中1の時にサーバー管理を担当した。中国やインドからDDoS攻撃を受け、「セキュリティの大切さを実感し始めた」

中1でサーバー管理だと…

合格率10%台の情報セキュリティスペシャリストを取得したのは中学3年生で最年少記録を達成

調べたけど、ほんとに難しいよ…

当時灘高等学校1年生の矢倉大夢くん(15歳)は2012年IPAの「未踏プロジェクト」に最年少で採択された

IPAとは独立行政法人情報処理推進機構の略称

小さな集団内で競技プログラミングを開催したり初心者向けのプログラミング学習システムを構築したりすることができる競技プログラミング支援システムの基礎となるオンラインジャッジシステムを提案

ごめん、さっぱりわからないわ…w

出典logmi.jp

「三つ子の魂」、おばあちゃんから聞いたことある

体験とかを通して「一緒に考えること」とか「自ら身につけていく」ような感じをつくることが1番重要なのかな

高校生なのにすでに悟っている…

パソコンを触らせる以外に1番重要なこととして「幼少期に基礎となる習慣を身につけること」が大切かな

東大教授が絶賛した18歳の最年少天才プログラマー

飛び級で千葉大学に入学できたほどの頭脳の持ち主で、幼児期からワープロを触り、小学1年生のころからプログラムを作っているとか

14歳のとき、自由研究で三次元コンピュータ・グラフィックス(CG)を自動生成するソフトを1人で作り上げた。それがカリフォルニア州のコンテストで表彰された

当時親の仕事の都合でアメリカに住んでいたそう

「小学校のころにPSの画像を見たら、ゲームのオープニングやエンディングに流れる映像は高品質でかっこよかった。それがレンダラを開発するきっかけでした」

きっかけはゲーム。レンダラとはレンダリングをするシステムのこと

数値データとして与えられた物体や図形に関する情報を計算によって画像化する

1 2

関連まとめ





うえすtinさん

ニュースや気になることをまとめます



  • 話題の動画をまとめよう