1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

ポロリと口に出すのはヤメて!失言を減らすコツ

ワイドショーや討論会などで、失言トラブルが話題になりますが、誰でも一つや二つは思い当たる失言問題...揉め事に巻き込まれないために、どう対応したら良いのか?失言を減らすコツを紹介します。

更新日: 2016年03月10日

292 お気に入り 90356 view
お気に入り追加

うっかり失言してトラブルに、そんな経験ってありませんか?

ひとこと多い発言をしたり失言したりして気まずい雰囲気なった事ありませんか?失言防止のお話です。

小さな失敗まで掘り起こせば、誰でも一つや二つは思い当たる

よくある失言パターンは...

喋り出すと、弾みがついて、止まらなくなる。その結果、言いすぎて、気づいたときは、すでに手遅れといった状況

「油断して愚痴っていたら当の本人に聞かれてしまった」「まったく自覚なく放った一言が誰かを傷つけてしまった」

あなたが失言とは思っていない、言わばプチ失言。これは自覚がないぶん、日々繰り返される。

リアルな失言に対する声も

お酒が入ってる時の失言、暴言は本当に困る しかも覚えてないとか...言われた方はどうしたらいいの( ºДº)キーッ

調子こいて自分から口走った失言を後から「ネタ」って言って誤魔化すのヤメろ。

ちょっと失言したな ネット上のトラブルは極力起こさないつもりだったが気をつけないとな

そもそも失言とは?

不都合なこと,まちがったことなどをうっかり言ってしまうこと。また,その言葉。

立場上、口にすべきでない発言をうっかりしてしまうこと。政治家にとりわけ多く見られる。

思ったことを口にするにあたって、それを言ったらどうなるかをあまり考えないということが挙げられます。

言ってしまいたい衝動をコントロールできない時は心の問題が関係している可能性も

でも、失言には、こんな考えも...

日本の変な風習や習慣をぶち破る意味で大切な事だと思いますもちろん理屈の通らないことは言ってはダメですが

「あの言い方は周りに嫌な思いをさせたかな」と思ったら、明日からそんな言い方はしないように気を付けたらいいのです。

トラブルになるのが嫌な人は、対策アレコレがおすすめ

「マズイ」と思ったら潔く、早い段階で謝罪しましょう。それが無理ならひとまず手紙などできちんと謝罪の意を伝えましょう。

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう