1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

たまには、ひとりの時間が欲しい…そんな気持ちを相手に伝える方法

付き合っている人がいても、結婚していても、ひとりで過ごす時間は欲しいものですよね。でも、相手も同じ考えじゃないとなかなか理解してもらえないものです。時にはひとりになりたい、ひとりの時間が欲しい…相手を傷つけずに上手に伝える方法をまとめてみました。

更新日: 2016年03月13日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
106 お気に入り 40372 view
お気に入り追加

▼恋人がいても、結婚していても、ひとりの時間は欲しいもの。

付き合っている人がいても、結婚していても、
ひとりで過ごす時間は欲しいものですよね。

▼やっぱりみんなもそうだよね。

そして何ヵ月ぶりの一人の時間。 付き合ってからなかったからすっごい新鮮!

無趣味な彼氏ほどめんどいもんはないからどんなものでも趣味あった方がいいとは思うんだけど、それは自分の一人の時間が欲しいからだ笑笑

▼実は、ひとりの時間を持つことは、とても大切なことだった。

家族や友達、恋人といる時間は大切です。
でも、それと同じくらい1人でじっくりと自分の心と向き合ったり、
誰にも気がねせずに1人伸び伸びと過ごす時間も大切

仲の良し悪しにかかわらず、自分のためにも相手のためにも、ひとりの時間を持つことって大切。

どんなカップルでも、最低限の”自分だけの時間”をもつことが、
健全な恋愛関係にとって重要だと考える人も出てきています。

付き合うことで感情が動くことを知るから、自分だけの時間が欲しくなる

▼でも、相手に正直に言うのはチョットしんどい。

「たまにはひとりでいたい!」なんて言ったら相手が傷つくかもしれない。説得することも難しそう。

自分さえ黙っていれば丸く収まる。相手の気を悪くしたくない。もしケンカにでもなったら困る。拒絶されたり反論されたらショック

「ひとりにしてほしい」って言えばいいのに……なんてつい思ってしまいますが、はっきり言われると意外とキツイもの。

好きな人とは片時も離れたくない!と思う人もいますし、一人の時間なんていらない…と言う人も。

恋人のほうは“いつも一緒にいたいタイプ”という場合、
この食い違いが原因で破局に至るケースも実際にある

▼結局、言い出せずに不満は溜まって行く…。

言いたいけれど言えない。ひとりになりたいのになれないことで疲れて来ることも。

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう