1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

売上げ半減…スマホ業界が、悲惨なことになってる。。

これ、果たして成功だったの??

更新日: 2016年03月11日

Ironyucさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
129 お気に入り 239429 view
お気に入り追加

スマホ市場に「冬」が。。

データを集計した2月のスマホ販売台数は、1月比で47・9%減

「ピークは低水準」(道越氏)で、2月は前月比52.1%、前年比82.5%と大幅に減少した。

前年同月比だと、17.5%。ただ、1月が前年同月比で40%近くだった。

NTTドコモ・au(KDDI)・ソフトバンクの大手3キャリアでは、約2~3割から落ち込んだ

「販売台数シェアは1月から2月で20ポイントマイナス。iPhone 6の大幅な販売減が最大の要因」

なぜかといえば。

出典buzzap.jp

話題になったから知ってる人も多そうだけど。

総務省が端末販売の適正化を要請したことを受け、キャリア各社が実質0円でのスマホ販売を終了

割安プランも同時に提供する、など、ユーザーにとって良い形にするものだった。

その代わりにキテるのが、これ。

月額1,000円以下、最も安いものなら月額500円以下という格安さで利用できるプランが「格安SIM」

SIMロックフリーとしてMVNOやメーカーブランドで販売されているスマートフォンの販売台数は、2月に前年同月比156.3%と大幅増

総務省の「指導」で、スマートフォンの普及がさらに進むのか、また日本のスマホメーカーの競争力が増すのかも疑問で、「実質0円撲滅指導」の結果や効果の検証が求められる

ネットの反応は。

実質0円ケータイもう売らんのやったら、今の壊れたら買わん!! これからはSIMフリーで制限無しの安いのしか持たん!!

実質0円廃止でスマホ販売激減かあ。 通話料、あまり変わらないし、 実質値上げという見方もある。 まあ、当然だろうね。

これちゃんと政策評価するのかな?→「実質0円」端末終了の影響を最も受けたアップル(アイフォーン)が1月比で28.1%減と大幅減だったが、最も大きく落ち込んだのはソニーモバイルの41.7%減 / “「実質0円」廃止でスマホ販売激減…” htn.to/a2gA3c

「実質0円」消えた携帯市場 客足は途絶え気味……ユーザー還元、方向見えず (1/3) itmedia.co.jp/news/articles/… 健全な状態になってよかったじゃない

「実質0円」廃止でスマホ販売激減 iPhone苦戦、SIMフリーは絶好調(SankeiBiz) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160309-… #Yahooニュース 企業のふざけた企画で継続利用者が割を食わなくなるって事だから健全な姿。

1





Ironyucさん

ニュース記事の深堀り&わかりやすくまとめる系を多く作ってます!



  • 話題の動画をまとめよう