提供:ロート製薬

何それコワイ…「背中ニキビ」には意外な原因があるらしい

肌の露出が増える時期になるとめっちゃ困るのが背中のニキビ。出来やすい人はそれなりの原因があることがわかった。

更新日: 2016年03月28日

268 お気に入り 770456 view
お気に入り追加

顔よりもタチが悪い「背中」のニキビ

一度できるとけっこう厄介…

身体に発生するニキビの中で、重症化しやすいのが背中のニキビ。

軽く考えてしまいがちだが、場合によっては、治るどころか、どんどん悪化することも。

汗や皮脂が分泌しやすいにも関わらず洗いにくく、ニキビができやすい条件が重なり合ってる。

意外な事も原因になってる。。

洗濯をした後、洗剤や柔軟剤が、洋服に残ってしまうことがあります。含まれている成分が肌に合わないと、肌荒れ、ニキビの原因に。

布団を干したりマットを乾燥させ除菌することが、ニキビを作り出さない環境づくりにつながります。

長時間のパソコン作業や家事による肩や背中のこり=血行不良が背中ニキビの原因になります。

「肩こりが原因だった」って人は意外と多い…。

ちょっとしたケアで改善される場合も

シャンプーなどのすすぎ残しも、プツプツができる原因。髪の毛を洗ってから、体を洗うという順番にするだけで、すすぎ残しを防ぐことができる。

他にも前かがみで泡を前に流したり、背中にはつかないように心がける。

背中は顔よりも皮膚が分厚いため浸透力の強いケア商品を選ぶのがキホン。

背中も顔と同じように保湿が重要。水分を与えた後、保湿効果の高いクリームでフタをすること。

ただし、油分の多いクリームは背中ニキビにはNG。

水を飲むと新陳代謝アップ・便秘改善で体内デトックスが促進。この結果、ニキビになりえる老廃物も流されて、予防につながる。

それでも悪化するようなら…

ニキビは体内の血流の悪さ、体の熱のバランスくずれから起こります。漢方薬には、そんな状態を正常なバランスに整えていくことでが期待できます。

最近は、ニキビ治療の一つとして漢方を処方しているところもある。

良く効く治療薬として、ピーリング剤は有名。古い角質をそぎ落とし、お肌のターンオーバーを高め、ニキビを改善する効果がある。

ビタミンAの内服はアメリカでは難治性にきびの第一選択薬です。皮脂の過剰な分泌を抑えつつ、肌のターンオーバーをスムーズにすることで、毛穴の閉塞を防ぎます。

スプレータイプの医薬品は初めての商品らしい。

古い角質を取り除き、つまった毛穴を開きます。また、ニキビの原因菌を殺菌、炎症をしずめ傷ついた組織を修復・治療します。

出来始めのニキビや、背中に出来るニキビにもおすすめ。

デコルテに限らずお尻など、さまざまな箇所で使える。

ブツブツが気なるところに、こうやって一人でもケアできる。

1