1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

ま、いっか!考えすぎてツライ状態から立ち直るコツ

考え過ぎて気がめいる時ってどうしてますか?悩みを持たない人はいませんが、考えすぎて何もできなくなってしまう事も...ちょっと心配症な性格を軽くするコツを紹介します。

更新日: 2016年03月11日

782 お気に入り 64592 view
お気に入り追加

考えすぎて自分を追い込んだ事ってありませんか?

考えすぎて気が滅入ってしまう時に、どうすればいい?そんな時に使えるお話です。

考えたくないのに、考えが浮かんできて、また考えないようにしてもうまく出来なくて、、「もう助けて!」っていう時ありますよね?

考えること自体は良いことですが、考え過ぎて負の無限ループにハマったり、何も行動できなかったり……。

不安、悩み、クヨクヨ、モヤモヤのほとんどの原因は「考えすぎ」にあります。

一般的な考えすぎる人の特徴とは?

基本的には真面目な人間だという事が言えるでしょう。真面目だからこそいろいろな事を考えてしまうのです。

物事に対して深く考えすぎて受け流すことができないため、面倒くさいと思われてしまうことも多いようです。

誰かに指摘、注意されたときも悪く受け取ってしまい深読みする。

考えすぎてしまう人はどうすればいいのでしょうか?

心配ばかりしていても前に進めないし、何とかしたいですね。

どんなに正しいように見える意見に対しても、必ず何かしらの反論はできる。つまり、絶対的な正解はいつまでたってもでない。

よく考えても考えなくても、失敗する時は失敗してしまうし、考えすぎても慎重すぎても、結果は同じなら、即行動に移れた方がいい

結局何を選んでも、必ず後悔はします。「後悔してもこれがいい」と思えるものを選びましょう。

アメリカのミシガン大学の調査において、心配事の80%は起こらないと結果が出ています。

起きてしまう20%のうち、80%は解決可能、20%(全体の4%)が手の打ちようがないことらしいです。

つまり、心配事の発生確率は、全体の4%しかないのです。悩んでも起こるものは起こる。けど、96%は起きない!

では、考えすぎてツライ状態から立ち直るコツ

気分が落ち込んだり、楽しくなくなったりしたら、悩んでいるサイン。周りの人たちに聞いてみるのも手です。

「できないこと」「失敗すること」を考えるのをやめて、「できること」や「どうやったらうまくいくか」を考える

一旦保留を覚えましょう。考えすぎてるなと感じたら他のことをしましょう。

思い悩むよりまず動いてみることです。行動を起こさなければ何も始まりません

“完璧で確かで安全な未来”なんて、あり得ませんよね? 何事も不安な状態からスタートするしかない、と頭に入れておきましょう。

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう