1. まとめトップ
  2. カラダ

しびれは脳梗塞の前兆かも?自分や家族を守る予防ガイド

脳梗塞と聞いて年配の方が発症するイメージがありますが、最近は若い年代や働き盛りの世代も発症傾向があるそうです。前兆や予防方法を知って自分や家族を守る方法を紹介します。

更新日: 2016年03月12日

100 お気に入り 55940 view
お気に入り追加

若い世代に起こる脳梗塞って意識したことありますか?

意外と身近にある脳梗塞...病院に行った方がいい前兆や予防のお話です。

脳梗塞は元プロ野球監督の長嶋茂雄さんや、タレントの磯野貴理子さんが発症した事でよく知られていると思います。

年間の死因別死亡者数のうち、脳血管疾患は約11万4000人でがんなどに続いて4位。このうち脳梗塞は約6万6000人と脳血管疾患の約6割を占めている。

若年性脳梗塞は、40~45歳以下での発症を指すのが一般的だが、30代ばかりか、中には10~20代での発症も報告されている。

リアルな脳梗塞の声も

兄貴が脳梗塞の可能性あるのでしばし入院になった(´д`)

昨日から、右後頭部から脳の上まで偏頭痛で痛い、心配だしお尻の辺りから冷や汗かいてる、心配だ 脳梗塞かな〜

そもそも脳梗塞とは?

脳の血管が細くなったり血管に血栓が詰まったりして、脳に酸素や栄養が運べなくなり脳細胞に障害を負う病気である

45歳頃までに発症した場合を若年性脳梗塞といい、20代・30代さらには10代でも発症するという例もあるのです。

主な原因は何ですか?

主な原因は動脈硬化です。

動脈硬化によって脳の主要な動脈がだんだん狭くなり、そこに糊のように粘りのある血栓(血のかたまり)ができ、血管が詰まって脳梗塞が起こります。

「首を回す癖」や、「スポーツなどで頭部や首に強い衝撃を受ける」などによる血管の損傷

では、日常の生活で、注意することは?

バランスのとれた食生活、十分な睡眠、適度な運動、ゆったりとした入浴は生活習慣病予防にもなります。

笑うことで脳が活性化させ、血流をよくすることは明らかになってきています。

無理にでも笑い飛ばして楽しく生きるスタイルに変えていく方がいいのです。

こんな前兆が起きたら!脳梗塞かも?

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう