1. まとめトップ
  2. ガールズ

スタイリスト直伝、本当に「自分に合った」服の選び方

服は買ってるのに、着ていく服がないよ~って人。必見です。

更新日: 2016年03月19日

1038 お気に入り 300413 view
お気に入り追加

毎回、買い物で悩んでる人。。

初めて着るのに自分にすんなりなじんで違和感のない服がある一方で、着るだけで「これは違う」と感じる服があります。

夫の会社で定期的に行ってる不要になった服をまとめて寄付するプログラムに参加するためクローゼットの中をチェック。プロジェクトこの冬に買った服の中でも、何でこれ買ったんだろ?ってアイテムが数点ある。いつになったら失敗せずに買い物出来るようになるのかしらん。

自分の一番良かった頃のファッションを引きずったままの人が多い

「自分で思っている自分のイメージ」と「人から見た自分のイメージ」が一致していれば、「似合う服」を選べる

でも、自分を客観的に見るのって難しい。。

流行りと似合う服はいつだって違うんだ。私がトレンチコート着たら30人位から銭形警部って陰口叩かれるに違いねぇんだ。

まずは「自分の好み」をハッキリさせる

Photo by Digital Vision. / Photodisc

ネットや雑誌で調べましょう!

“買っても買っても着る服がない人”から脱するステップその1としては、まずは「なりたい自分」をイメージづくる。

「自分が着るべき服」は、将来の自分はどのような役割を果たす人になるのか、それを明確にした上で選ぶ、その役割にふさわしい服のこと。

タンスの中も、クローゼットの中も、すべて出しましょう。「増やす」前に、自分が今持っている服を一覧にすることが重要です。

「なりたい自分が着ている姿をイメージできる服」のみ、ひろいあげて収納していく。ジャッジする制限時間はひとつにつき10秒だ。

クローゼットがいっぱいなのに「着ていく服がない!」って人はぜひこれを!

自分に似合う雰囲気を調べてみるのもアリ

人が持つ色・形・素材と、洋服が持つ色・形・素材との間に、共通の要素が多ければ多いほど、それは「似合う」という感覚を生み出すコーディネートになるのです。

ただ、ここで好みと差が出てくる可能性もあります。どっちを優先させるかは、初めに決めた「成りたい自分」と相談するといいみたいです

そして、実際に買い物に行くときは…

オフの日だからと言って、化粧をせずにショッピングに出かけてはいけないということ。

映画の衣装スタイリングにも携わっているスタイリスト・山田康子氏は、「とにかくたくさん試着してください。オシャレへの道には努力が必要です」と断言

いつもMサイズを着るという人でも、ブランドによってはSサイズでぴったりということもあります。

Photo by Comstock / Stockbyte

店員さんや、連れに見てもらうと◎

ディスプレイや照明を効果的に使ったショップ空間は、ついテンションが上がりがち。その気持ちに流されないためにも、外に出て冷静に考えてみることも大事なのだそう

1 2





ねるねる5063さん



  • 話題の動画をまとめよう