1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

気づかなかった…ポストイットの「正しいめくり方」が目からウロコものだった!

仕事や家庭などでポストイット(付箋)を使う機会は多いと思います。しかし、使う時に丸まってしまって上手に貼れないという経験はありませんか??実はポストイットにも「正しいめくり方」が存在するのです。まさに目からウロコの技を是非とも覚えておきましょう!

更新日: 2016年03月12日

cobalt0822さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
224 お気に入り 186328 view
お気に入り追加

様々なシーンで使われる「ポストイット」

付箋(ふせん、附箋とも)は、メモ書きを一時的に文書・書籍・封筒・机などに貼り付ける小さな紙。

1980年に世界初ののり付きふせん紙として販売開始。多くのサイズバリエーションがあり、また再生紙使用、強粘着、ロール式などの商品もある。

アメリカのメーカー、3M社が最初に販売しました。

3M社の製品「ポスト・イット」が近年では付箋の代名詞ともなっている。

ポストイットが好きで、色々書き込んでペタペタ貼り付けています。

せっかく読んだ本を無駄にしないために、読みながら気になる部分があるとポストイットを貼るようにしています。それを、週末など時間があるときにパソコンに入力して、オリジナルのデータベースをつくっています。

このポストイットでこんな経験ありませんか??

ノリ面の反対側からめくりはじめてそのままえいっ!とはがしてしまう人がたまにいるが、そうするとあぶったスルメイカみたいにくりんくりんになってしまうだろう?

付せん紙をはがすとき、特に意識しなければ、ノリのついている辺の反対側からペロリとめくることが多いと思います。

タスクボードに貼ってあるポストイットがビロンってなってってタスクが確認しづらいなんて最悪です。

なんと、ポストイットの「正しいめくり方」があった!

その方法はとても簡単。ポスト・イット®の糊の部分を、上ではなく左右どちらかの縦方向に置いて、下からめくるだけ。糊の部分を縦にめくるイメージです。

「はがすときに、下から上ではなく、真横にはがす」これだけです。

正しいも何も...と思っていましたが、このめくり方であれば確かにめくった後がきれいです。

まさに目からウロコの技に驚いた人も多い

「正しい付箋紙の剥がし方」があまりにも有益だったので広めたい! のり部分が上にあるとき、下からめくり上げるのではなく、真横に剥がす そうすると貼り付けたときに反り返らないの!手元に付箋紙がある方はやってみて! pic.twitter.com/k2rtX2UFfd

何事も、「作法」というものがあるものですね。 ポスト・イットの正しいめくり方とは smar.ws/qKTNa #スマートニュース

ポストイットのめくり方にハウツーがあったとは

ポスト・イットの正しいめくり方とは lifehacker.jp/2016/03/160311… やってみたらマジでしたw これからはこうめくります。

正しいかどうかは別として、反らないようにめくれるのは良いね。今まで気にしてなかった >ポスト・イットの正しいめくり方とは | ライフハッカー[日本版] lifehacker.jp/2016/03/160311… via @lifehackerjapan

ポスト・イットの正しいめくり方とは | ライフハッカー[日本版] lifehacker.jp/2016/03/160311… @lifehackerjapanさんから 長いこと毎日のように使っているけど気付かなかった。細長いのはどうしたらいいのかな。

是非とも覚えておきたい小技ですね♪

どんなタイプのポストイットにも使える技の様です!

付せん紙のサイズが大きければ大きいほど有効なテクニックなようです。

人生で初めて知っためくり方に感動です。ああ、もう、いますぐめくりたい。

1 2





日常の疑問や雑学からニュース系などを中心にまとめています!世の中のタメになるまとめづくりを目指します!



  • 話題の動画をまとめよう