1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

チョコが消える…!?「2020年」が問題だらけでやばい。。

オリンピックがあるというのに心配事ばっか!!!

更新日: 2016年03月13日

bianka-xoxさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
345 お気に入り 354499 view
お気に入り追加

2020年、チョコがお店から消える…?

「世界のカカオ市場は、2020年には100万トンの不足に陥るだろう」

チョコレート産業の専門家たちが算出したところ、2020年10月2日に、前例のないカカオ豆不足が始まり、価格が高騰する

スニッカーズを作るマース社などが声明を発表。
こりゃガチだわ。。

「チョコの消費が急増し、カカオ不足が懸念されるため、チョコは2020年には世界から消えるだろう」

「あまり言いたくないが、チョコを食べ過ぎだ。このままだと大変なことになってしまう」

【カカオ農家の減少】トウモロコシなど生産性の高い作物の生産へ転向する農家が増えた

チョコ1個の値段が日本円で290円なのに、カカオ農家が一日当たり得られるお金は約1000円。割に合わないということで辞める人が増えてるみたい。

中国やインドでの需要も拡大している(2010年の中国のココア消費量は4万トンだったが、2014年には7万トンに拡大)

ビックサイトの問題もかなり深刻だった…

オリンピックの競技場として利用するために、準備期間も含めて使えなくなるかも。

五輪開催前から準備が始まるため、最大で19年4月から20年11月まで20カ月間にわたって利用できなくなる可能性

2019夏~2020夏まで計3回ビックサイト使えないっぽいけどコミケどうするんだろ

50万人以上が参加する一大イベントが、3回も中止になるとしたら。。

【例】10月に開催された「国際メガネ展」では20カ国からの出展があり全体で60億円以上の商談がまとまった

1つのイベントだけで、これだけの額が動いてる。

確かに5兆円規模の活動を停止させるのは良くない気がする。。

同人誌業界だけの小さな問題ではなく、あらゆる産業の企業活動に2年間に渡り、影響を与える極めて重大な問題

雇用でも、なぜか「管理職」に危機が。。

役職につくと給料もぐっと高くなるから、企業としてはかなりキツい。。

バブル・団塊ジュニア世代は、いま40~49歳の年齢層にあたり、大企業の雇用者全体に占めるウエイトは、各年齢層で最も高い

(2014年時点)

1 2





bianka-xoxさん



  • 話題の動画をまとめよう