1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

お酢で有名なミツカンの「ミツカンミュージアム」がとっても楽しそう♪

愛知県半田市につくられたMIZKAN MUSEUM(ミツカンミュージアム)愛称MIM(ミム)。ミツカンの歴史や、食文化の魅力に触れ、見てさわって、楽しみながら学べる体験型博物館となっています。アトラクションのように楽しみながら学べたり、myポン酢を作れたりと大人も子供も楽しめそうです♪

更新日: 2016年03月15日

CuteMonsterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
258 お気に入り 82410 view
お気に入り追加

お酢で有名なミツカンのミュージアムがあります

お酢の歴史から体験学習、半田市の歴史、水の文化など子どもから大人まで楽しめる体験型のミュージアムです。

『大地の蔵』『風の回廊』『時の蔵』『水のシアター』『光の庭』と題された5つの展示ゾーンに分かれ、ものづくりの精神や日本の食文化の発展の歴史が学べる。

事前予約をお勧めしますが、タイミングが良ければ予約なしでも受け付けしてくれるみたいです。

お酢づくりについて学べるのはもちろん

江戸時代に使われた酢づくりの道具を博物的に展示し、脈々と受け継がれたミツカングループのものづくりの精神を伝えています。

昔使ってた樽など見たり
面白い仕掛けもあったり…
それから現在の作り方を見せてもらい
昔の写真、現在の風景を見て体験ゾーンへ

数種類の酢の匂いを嗅いで比べたり、手桶を担いで江戸時代の重みを体感したり。樽を木槌で叩き、どのくらい酢が中に入っているか、遊びながらあててみます。

お酢を船で運んだ様子を体感できたり

ここでは、船に乗ることができます。スタッフが「さぁ、乗りますよ!」と声をかけて階段を上がると、ドライアイスがたちこめます。青い光の中で幻想的な色彩(写真)に。まるで霧に包まれた海上のようです。酢を弁財船に載せ、半田港から鳥羽港経由で江戸への大航海を疑似体験!

黒塀の景観のある運河沿いにあります。昔ここから江戸に船で酢を運んだのだそうです。その船が復元されていてその船の上でマンガチックなビデオを見る事ができます。船上を体感するために風が途中で見学者に吹きます。

大人も子供も楽しい体験コーナーも

にぎり寿司の疑似制作体験ができます。

「なりきり寿司屋さん」では、すし職人の衣装を身につけ、粘土で作ったシャリとシリコン製のすしネタで握りずしづくりを疑似体験、すし職人になった自分の写真や握ったすしの写真を持ち帰ることが可能。

玉子、イカ、サーモン、まぐろの4種を握りました。
子どもたちには、とってもよい体験でおすすめ★

体を動かすことで画面に映し出される野菜を切ったり、火加減を調整したりして楽しめます。

鍋作りのコツがゲームのように、音楽に合わせて体を動かし遊びながら学べる「なべエクササイズ」のコーナー

ミュージアムの最後で飲めるお酢ドリンクのコーナーがあります。ブルーベリー味やリンゴ味のお酢が飲み放題。

最後の記念撮影場所はすーーーっと「す」になるポーズで。
お腹が出てると「す」の丸い部分がお腹が隠れるのでしっかり酢を飲んでスリムになりましょう〜

お土産も色々

自動販売機で『味ぽん』を買って、
プリクラの様な機械で写真を撮って出てきたシールを味ポンに貼ると・・・。
『My味ぽん』が出来ちゃいます!

江戸時代の製法による純酒粕酢。酒粕を三年間熟成させ、それを原料にして時間をかけて作られた赤酢の逸品。

1 2





まとめるの、結構好きです^^
自分の興味のあること、
気になることを中心に、
ぼちぼちまとめていこうと思っています。



  • 話題の動画をまとめよう