1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

生産性がアップする!?多くのメリットがある「スタンディング会議」のススメ

社内でミーティングをすると、つい時間が長くなってしまう事はありませんか??長時間の会議は時間を奪うだけでなく、生産性も下げてしまういがちです。そこでオススメなのが「スタンディング会議」。立ったまま会議をすると良い事が沢山あるようです。有名企業も取り入れている立ち会議についてまとめました。

更新日: 2016年03月13日

cobalt0822さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
108 お気に入り 55927 view
お気に入り追加

長時間の会議にうんざりしてませんか??

適切な判断を下すのに、ダラダラと無意味に長い打ち合わせを繰り返しても、かえって鋭い判断力を失ってしまうでしょう。

半日で終わらせてその後寝ようと思たのに終わらねー どんだけ長い会議よ… お腹空いたし眠いし疲れたし! って思ってたら終わった

そこでお勧めなのが「立ったまま会議をする」こと!

会議室に集まり「どっこいしょ」とする会議から、ささっと集まって「ちょっと確認するよ~」とする会議では効果が大きく変わることは疑う余地はありません。

ある会社でこの立ち会議を導入したところ、会議時間は4分の1、利益は3倍にのびたそうです。短い時間で濃厚な内容の会議ができた結果でしょう。

立ち会議にはメリットが沢山ある!

短い時間で必要な情報を発表することが求められるようになったので、営業のプレゼン能力の向上にもつながっているという意見も聞きます

今回米ミズーリ州のワシントン大学が行った調査では、参加者の創造性が上がる一方で対立が減るなど、新たに様々なメリットが明らかに

健康にも良いとの調査もある

座りっぱなしの状態が様々な健康リスクを生むという研究結果が増える中、オフィスからイスを取り除くという低コストな方法で健康効果が望めるとしています。

若干の汗もかきますし、立つことで腰痛にも効くのではないでしょうか。

有名企業でスタンディング会議を取り入れている会社も

社長の酒巻氏が率先して取り組みました。

アイリスオーヤマでは、20年以上前からミーティングは立って行うのが普通になっているという。

創業当時は、今よりも規模が小さかったため、工場の生産ライン上で問題が発生した場合、迅速に集まって対処するため、その場で立ったまま打ち合わせが行われていました。

1 2





日常の疑問や雑学からニュース系などを中心にまとめています!世の中のタメになるまとめづくりを目指します!



  • 話題の動画をまとめよう