1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

意外と見落としがち。「こだわりのあるハンガー」をまとめてみた

服にこだわった後は、ハンガーにもこだわりを。

更新日: 2016年03月14日

hakyunaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
230 お気に入り 87396 view
お気に入り追加

◇ お洒落すぎるハンガーをまとめてみました。

▼ 一筆書きハンガー

ミニマルな雰囲気のある「Sen」は、繋ぎ目の無い1本のフレームでできたハンガーです。一筆書きのようにどこにも繋ぎ目がないのだから、ちょっと不思議な感じ。

フックの部分を二重にすることで、ポールとの関係が安定して、衣類をすっきりと並べて掛ける事ができるようになりました。

「生活の細部を整えることは、生活を少しずつ良くする力をもっている」というデザイナーのメッセージが込められています。

◇ 収納力を格段に上げるハンガー

右が「Higher Hangers」
デットスペースが全くなし。

クローゼットに取り付けられたポールとハンガーの間のデッドスペースをなくすために開発されたスマートハンガー。

◇ 磁石でくっつくハンガー

磁石でバーにくっついていてハンガーフックがないだけですごくスッキリとしているのがわかります。

デザイン重視でゴッツいレザーのジャケットや、重みのある服をかけたらポトっと落ちちゃうんじゃないのぉ?と心配しちゃう人もいるかもしれませんがご安心ください。重さ2キロまで対応してくれてるので。

▼ 不安になるほど幅のないハンガー

ハンガーのカタチをしていないじゃないかって? いえいえ、このデザインは斬新さを追求しただけでなく、人体工学に基づいて形作られているので、お気に入りの洋服をしっかと受け止めてくれるのです。

ジャケットやシャツだけでなくボトムも含めて、大抵の洋服は掛かります。 クローゼットの中だけではなく、インテリアのオブジェとしても大変ユニークです。

カジュアルなジャケットやTシャツは、従来のハンガーよりも簡単に掛けられる。いや、受け止めてくれるとしたほうが適当な表現かもしれない。

◇ ミニマルデザインのハンガー

衣類ハンガーはフック部分や肩の所で洋服がずり落ちていかないようにパッドが付いていたりと機能性をもたせた形状になっていますが、全てを取り払うと三角形で有りさえすれば良いのです。

1 2





hakyunaさん

おもしろいネタから雑学まで、関心を持ったものをまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう