1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

こんなにちがうの!?「引越し」を格安にするテク

すこしでも安く引越ししたいものですな。

更新日: 2016年03月15日

mayumayuさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1523 お気に入り 176398 view
お気に入り追加

実は、料金は「曜日」で全然かわってくる

火曜~木曜と、土日祝日とでは、料金は3割以上も違うこともある

3割でかいよ…。

土日に有休を絡めることができないので、引越しをする人が少ない

また、時期は月末や月初だと引越しの予定を入れる人が多いため、ほぼ確実に割り増し料金で設定されている

中旬がベスト。

仏滅だと、さらに安くなるかも??

こだわりがなく、徹底的に値段を下げることだけに注力するなら、仏滅だろうが気にせず「いつでもOK」というのがベスト

時間帯は午後からがベスト

場合によっては、午前便の価格から2~4割引きされることもある

結構遅い時間までかかってしまうが、それさえ我慢できるのなら、お得になることが多い。日曜でも午後は意外と穴場

さらに近年では「時間帯指定ナシ」の代わりに費用が安くなる、「フリー便」なども登場している

日時以外の交渉パターンもある

「(見積もり)他社にもお願いしている」、「予算に余裕がないので、安くなる部分を教えて欲しい」と言ってみるといい

わざわざ、強引に値下げしてもらおうとする姿勢をとらなくても、相見積もりをするだけである程度値下げが期待できる

最近では見積もり比較サイトも充実しているので、相場比較も簡単にできる。

自分で用意すると、値下げできることも

業者のダンボールは無料ではなく、1枚200円ほどかかっている、自分で準備すると、料金を値切ることが可能な場合もある

30枚必要だとしたら6000円は削減できる。

ダンボールは近所のスーパー、ドラッグストア、コンビニなどで、無料で入手できることが多い

その際、必ず中身を確認してからもらうこと。水を含んだものや、野菜や果物のダンボールは汚れている事があるのでオススメできない

一人暮らしのケースで試算すると、約12000円の節約できるとか。部屋数が多ければ多いほど、節約効果も高まりそう

あとは基本的なことだけど

当然ながら運ぶ荷物が多いほど、引越し料金もアップしてしまう、引越しを機に家電を購入する場合は直接新居へ送るようにする

1 2





mayumayuさん

思いついたことをまとめていこうっと。



  • 話題の動画をまとめよう