1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

努力の鬼。ハリウッドで大成功した日本人青年がスゲェ!

なんだこの人(゚д゚)!

更新日: 2016年03月27日

polpo_ppoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
713 お気に入り 283089 view
お気に入り追加

それが、田島光二さん。

なんの仕事をしてるのかといういと…

日本で絵がめっちゃ上手い人は田島光二さんやなぁ〜海外で活躍するマットペインターだってヒイイ pic.twitter.com/GWPV1ZSKbY

これオリジナルで描いた「進撃の巨人」

進撃の巨人の3Dを手がけてる田島光二さんの画集(何故か古い方)買ったったんだけどすんごいな。。。2Dの絵も素敵すぎるし pic.twitter.com/uOhsN2ZPHU

新しいスケッチブックを買った。 pic.twitter.com/g6cciursR7

うんまー!(本人のアカウントより)

コンセプトアートとは、映画やアニメなどで使用するデザイン・世界観などを視覚化して伝える事を目的としたイラスト

こちらも田島さんの作品。

ハリウッド映画でも、活躍してる

実は、昔から絵が上手いわけじゃない

「(高校まで)絵の仕事に就きたいと思っていたのですが、自分よりも絵の上手い人が多すぎて、半ばあきらめていました」

これは上のツイートを見てもられば分かるとおり。

「でもCG分野は、まだ歴史が浅いんです。100年もないくらい。この分野なら世界一になれるんじゃないかって思った」

「選択肢は二つ。ハリウッド作品に携わるアーティストになるか、一生近所のスーパーで働くか」と決めた

えぇ

あとは、ひたすら勉強…!

ここからは、本人のツイートとともに、じっくりご覧ください。

もっと上手くならなきゃと思ってたので教科書も買った日から肌身離さず持ち歩き、授業が始まる前には読破してました。内容は理解できないけどとにかく楽しかった。授業に関しては学校なんであたり前ですが初心者向けの丁寧な内容です。最初の頃はそれで良かったんですが次第に物足りなくなってきます。

予習復習は必ずしてました。朝通学のときに教科書を読んで、授業のあとは学校の作業室に残って「もう学校閉めますよ」って追い出されるまで勉強してました。先生も残ってくれてるんで色々質問したりしながらこっそりまだ授業でやってない事を教えてもらったり。帰ってからもずっと教科書を眺めてました

とにかく「ハリウッドで活躍してやる」っていう気持ちだけはあったので、授業後も毎日残って制作に没頭していた

人に作品を見せて超絶な駄目出しを食らうこともありました「こんなんじゃ駄目だね」「これで就職するの?」泣くほど落ち込む事もありました。出来ない理由を探す事は簡単です。大人になると言い訳が上手になりますから。学校の教え方が悪い、あの人の見る目が無いとか。自然と逃げ道を探してしまう

1 2





polpo_ppoさん



  • 話題の動画をまとめよう