1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

ついに。。俺たちの夢見てた世界が実現しそう…!

ロマンが止まりません。

更新日: 2016年03月24日

buritooさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
133 お気に入り 80951 view
お気に入り追加

男なら絶対やってみたいと思うはず…

出典giphy.com

映画だからできるんだろって思ってたけど。。
(アイアンマン)

まだ直に見れるわけじゃないけど、メガネをかけるとここまで出来る!

一言で表すとスマートメガネとVRヘッドセットが組合わさったような、拡張現実(AR)メガネ。

ユーザーの手を認識し、仮想空間上のオブジェクトやインターフェースを自由に操作することができる。

開発に至ったのは「アイアンマンに出てきたコンピュータのインターフェースを実現したい」という想いから。

いやロマンありすぎ。。

VRヘッドセットは、いま色んな企業が作ってる。
(画像はSONYのヘッドセット)

電子機器は「身に付ける」時代

「スマートフォンなどへの音声入力機能を内蔵した電子タトゥーを首にプリントする」という常識を覆すような音声入力方法の特許を出願中であることが判明。

Google傘下のモトローラ社が出願

電子タトゥーをプリントすれば、その脳波を読み取る事が可能となり、将来的には様々なコマンドをマシンに与えることが出来るように。

「考える」だけで、マシンが動かせるようにする開発だったり、

「身体の状態を調べてくれる機能」。肌に貼ると、体温、心拍数、血圧等、身体の詳しい情報をスマホでチェックできるようになる。

という「医療系」での開発も!

皮膚の表面に付着しているだけ。まるでヘナアートみたいに、必要なくなった時は簡単に取り除くことが可能。

永久にとれないわけじゃない

光ってるのかっこよすぎ。

「医療系」はこんなのも作られてる

涙に含まれる糖の値を測るもので、糖尿病患者の血糖値監視などに向けている。

糖尿病患者向けのコンタクトレンズ

リアルタイムに血糖値を測定。そのデータを無線でスマートフォンに送信することで、ユーザは簡単に今の状態を確認できる。

他に考えられてるのは、
メガネなしには文字が読めない老眼(遠視)矯正向けのレンズ。

さらに、この技術で目の調節機能を回復させることができるかも。らしい。

構想はさらに膨らんでいるよう。深部体温、血流のなかのアルコール値、また、その人が身を置く外部環境についても情報を取得も。

「花粉やチリダニなどのアレルゲンがわかる」

コンタクトレンズ上で人の目に映る画像をカメラが取得し、処理してから、見えたものを別の感覚を介して盲目のユーザーに中継。

「目で撮影できるカメラ」

イスラエルの美大生達の卒業制作。
将来はこんなことも可能になるかも??

1





buritooさん

気になったものをまとめてみます。



  • 話題の動画をまとめよう