1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

スポーツ業界がもめてる…ドーピングの副作用が怖すぎ

まさかこんな風になってしまうなんて知らなかった…

更新日: 2016年03月15日

うえすtinさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
100 お気に入り 445720 view
お気に入り追加

スポーツ業界でドーピングが大きな問題に…

これをきっかけにスポーツ業界のドーピングに関するニュースが増えてきた

3月7日にマリア・シャラポワが自ら会見で明かした「ドーピングテストで陽性反応が出た」との告白は、瞬く間に世界中を駆け、あらゆるテニス選手たちにも衝撃を与えた

ドーピングとは、スポーツなどの競技で運動能力を向上させるために、薬物を使用したり物理的方法を採ること、及びそれらを隠ぺいしたりする行為

オリンピック、競馬などでは違反行為

ドーピングはなぜ問題になるのか

競技力向上を目的に用いられる場合は、治療に比べその量が非常に多くなり、それが選手の健康を害することにつながります。その後遺症に長く悩まされたり、 最悪の場合は命を落とすこともあります

意図的なドーピングで使用される代表的な薬物に"ステロイド"があり、過去多くの選手がこの薬物を使用し制裁の対象となっています

恐怖の副作用!女性がまるで男性のように…

かつて東ドイツの陸上競技選手として活躍していた

1986年、欧州陸上競技選手権で女子砲丸投げの金メダリストになった。東ドイツ代表として出場し、男子並みの素晴らしい記録で優勝した

記録は急速に向上したものの、一方で体は少しずつ男性のように変化していった

ビタミン剤だと思って長年服用していたはずが…

服用していたのはビタミン剤ではなく男性ホルモン剤だった

当時の東ドイツ選手はコーチから「これはビタミン剤だ」と言われ、それをまったく疑うことなく飲んでいたという事実が明らかにされている

子供の頃からコーチから男性ホルモン剤を投薬されていた

彼女は長年のドーピングがもたらす副作用に肉体を蝕まれ、ホルモンバランスの異常が顕著に

性転換手術までうけることに…現在は完全に男性

もはや女性として生活することが困難になり、ついには性転換手術をして「アンドレアス・クリーガー」という名の男性になってしまった

女性ボディビルダーとして活躍していた。写真左は、30歳の頃、右は50歳の頃(2012年)

彼女が世界大会などに出場して活躍していた30歳前後の時に、筋肉増強剤を使用していた

50歳の写真はどうだろう。よく見てみると、アゴにはヒゲが生えており、まるで男性のような風貌になってしまっている

性別がわからなくなってしまった…

彼女のようにまったくの別人、ましてや性別が逆転するほどになった副作用例は珍しいことではない

…珍しくないっていうのも怖すぎる

男性は女性に…!?

長期間使っていると今度は逆に女性的になってきます。体つきだけでなく精神的にも女性化するようです

精神的にも…アンドレアス・クレーガーさんと同じだ…

男性なのに、女性のように、乳房がふっくらと膨らんでしまうのです。軽いものであれば、服用をやめればおさまります。ひどくなると、整形手術以外では治せなくなってしまいます

1 2





うえすtinさん

ニュースや気になることをまとめます



  • 話題の動画をまとめよう