1. まとめトップ
  2. 雑学

ネットで拡散中。チャリで車と事故らないための方法

これは気をつけよう

更新日: 2016年03月14日

polpo_ppoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
263 お気に入り 124180 view
お気に入り追加

いま、このツイートが話題に

是非とも拡散。 ブルーシートのあるエリアからの延長線上は死角です。 この角度で駆け込みをしたところで運転士からは見えません。 pic.twitter.com/1obD5FHoFe

自転車乗りに是非とも拡散。 黄色いテープから車体側はミラーで確認できますが、その外側は『全く見えません』。 しっかり近づくか、『全く近づかない』か、どちらかにしましょう。 pic.twitter.com/coo8sFULem

反対側も。

まぁ基本だが、自分からミラーで運転手の顔が見えないなら向こうは見えてないと思って良い 徒歩自転車バイククルマ、全てに通ずる基本

なるほど、分かりやすい。

大型トラック運転中で車体が斜めになってる状態で一旦停止(横断歩道等)したくない…ぶっちゃけ見えない死角多いからね…自転車や徒歩や競歩の人はできれば青信号点滅で渡らないで貰いたい…さすれば轢くかもやで

それ故に、運転手からはこんな声が。

頼むからチャリは信号待ちや客扱いのときにバスの右側から抜いて来ないでくれ

自転車が停車バスを右から追越す「問題行動」により、バスの発進妨害、後方の自動車との接触や進路妨害が生じている

チャリ乗ったおばちゃんが、対面通行のバス通りを無灯火で右側通行してて、バスにはねられそうになって思いっきりクラクション鳴らされてた。「自転車は歩道ではなく車道を走れ」ってことだけ知ってて、右側通行、しかも無灯火がいかに危険か全くわかってない。

スマホを弄りながらチャリをふらふら走らせ左折合図を出しているバスの左側に突っ込んで行くサラリーマンの光景。

ある時は車道の自転車が死角に入り、歩道の自転車の方が良く見える。車道を走った方が死角に入りやくなることも

【じゃあ、どうしたらいいの】
バスが発車するまで後方で待機というのが最も推奨される対処方法

平日の朝夕、橘橋の通行には要注意!2月1日からバス専用レーンが新設・・・ 自転車は、もちろん通行可。でも、左側のすり抜け等の危険な行為は止めましょう。バスとデッドヒートは不毛。停車したバスが発進するまで、宮崎の青い空でも眺めましょう visit.miyazaki.jp/?p=35989

ライトに関しても、こんな意見が。

点灯モードは、ずっと光がついてる。
点滅モードは、光がついたり消えたりする。

本当、自転車の点滅ライト、バスの運転席から見づらいのでやめて欲しい。夜、動いているバスの右側から点滅ライトの自転車が追い越しをかけてくる事があるけれど、自殺行為だよ。何のために点滅にするのだろう。ファッション?

自転車のライト、点滅してる方が目立つ印象だけど、バスの運転手さんが複数言うんじゃ点灯の方が安全なんだね。

ロードバイクに乗ってますが、経験上、点滅モードのほうが、クルマのみなさん、遥かによく気が付いてくれます

ピカピカした方が目立つという声

自転車用ライトの点滅機能って「停止時に目立つため」なんだよ、動いている時は「点灯」ですよ。 動いている時に点滅すると「滅の時に移動しているからどこに行ったか分からなくなる」のよ、特に明るい市街地だとね。

気をつけよう

1





polpo_ppoさん



  • 話題の動画をまとめよう