1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

オウム真理教の後継団体がちょっと盛り上がり始めてて怖い・・・

地下鉄サリン事件から21年が経過した今年、オウムの後継団体アレフが資産額9億円を突破し手に入れた”力”をどう使うのか、恐怖が高まっている

更新日: 2016年03月15日

blanchul96さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
57 お気に入り 157650 view
お気に入り追加

オウム真理教後継団体の「Aleph」の資産が9億円を突破した

拠点施設のある東京都足立区では、不動産購入の動きもあり住民の怖がる声が高まっている。施設の前には赤い旗が覆い、住民は地下鉄サリン事件の痛みと怖さを忘れてはいなかった。

オウム真理教後継団体であるAlephの資産額が9億円を超えたと読売新聞が報じた

拠点施設のある東京都足立区では不動産購入の動きも見られると言う事で、付近の住民の不安が大きくなっている

賠償が不十分なまま勢力拡大を図る教団に、施設周辺の住民や事件の被害者遺族らは、不安や憤りを隠せずにいる

オウム真理教が依然、勢力を増している。関係ないと言えるだろうか。信者をフォローしたり、フォローされてるかも知れない。知らずにリツイートして、勢力拡大を助けているかも知れない。知らずに仲良くなったら宗教だったというのは、常套手段です。なんだか怖くなってきた。 @kobtaro

「建物を売ってほしい」スーツ姿二人の男性はそう話しかけた

信者の数は変わっていないのに資産額のみが増えている

信者数は横ばいなのに、資産は増加。オウム真理教の主流派のアーレフ、勢力拡大進める。

「建物を売ってほしい」。2014年6月頃、50代ほどのスーツ姿の男性2人が現れ不動産購入の話を持ち掛けた

「アレフと関係がある」とささやかれる不動産会社を名乗ったが、購入目的やアレフとの関係は一切語らなかった

足立区入谷の教団施設近くに2階建て建物を所有する70歳代の男性によるタレこみで、施設周辺の住民は不安や憤りを隠せない

@SPADA_prfm_2015 上祐さんって幹部だった方ですよね? アレフってそうなんですね…そう考えると怖い…

オウムの後継って怖い…アレフってどういう団体なの?

アレフ(Aleph)は、2000年2月4日に発足した宗教団体。オウム真理教からアレフと改称して発足し、2003年2月にアーレフに改称、さらに、2008年5月にはAlephに改称した。なお、アーレフないしアレフとはヘブライ文字の第一文字 א の名称。なお日本国では、宗教法人として認証をされていない。

オウム真理教事件の後、法人としてのオウム真理教は破産し、破産管財人からその名称の使用を禁止されたために名づけられた代わりの名前が「Aleph」

”事実上オウム真理教と中身の変わらない団体”ともいえ、前団体の犯した重い罪を鑑みて公安調査庁の監視対象になっている。

今年は地下鉄サリン事件から21年の年

公安調査庁の野々上尚長官(右端)に要望を述べる高橋シズヱさん(左手前)ら=7日午後、東京・霞が関

オウム真理教による地下鉄サリン事件の被害者らが7日、教団への立ち入り検査を実施している公安調査庁の野々上尚長官と初めて面会

「事件から21年経ても、活発に活動している教団を許せない。これからも観察を継続してほしい」とする要望書を手渡した

<私たちのまちにオウムは要らない>。地元住民はそう書かれた赤地ののぼり旗を立て反対運動を続けるが、建物は現在、約50人の出家信者が住み込む全国最大の拠点施設になった

オウム真理教の後継団体アーレフが最近になって盛り返しているらしい、地下鉄サリン事件の現場すぐそこ東京足立区でだ。 俺で小1じゃ今の学生は知らなくて当然なんだろうが…… 事件が風化すると言うのはこういうコトを言うんだろうか コレばっかりは親が自分で判断出来る人間育てるしかないものな

アレフは事件被害者への賠償を7億円行い、資産に相当な余裕が

現在行われた賠償の総額は
旧教団資産等 9億5967万677円
現金支払い  8億5338万1166円
債権譲渡     2278万6843円
不動産譲渡等 1億3761万1312円
――――――――――――――――
総計 19億7344万9998円

Alephによれば「事件が99%以上の会員の関知しないところで起こったこと」と前置きをしたうえで

当時の教団にあって同じ団体に属していたことを重く受け止め、その道義上の責任に基づき旧団体時をふくめ総額19億7000万という巨額を事件被害者に対して支払ったということだ

1 2





blanchul96さん

宇宙まで飛ばしたいと思ってます

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう