1. まとめトップ
  2. ガールズ

可愛らしさと冷静さが大事!彼氏にうまく「不満」を伝えるコツ

特に女性は彼氏に嫌われることが怖くて不満を我慢してしまう傾向がありますよね。ただ、それでは、いつかは怒りに変わり爆発してしまうか本音を言えずに別れを選択するなんてことになりかねません。伝え方を工夫して不満という本音を彼氏に伝えれる女性になっていきましょう。

更新日: 2016年05月19日

amasayaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
90 お気に入り 17638 view
お気に入り追加

嫌われることを恐れて彼に対する不満を我慢していませんか?

出典wooris.jp

最初はどれだけラブラブな恋人どうしでも、お付き合いが長くなればなるほど、相手に対する不満や不安というのは生じてくるもの。

お付き合いしているカレからかまってもらなかったり、嫌なことをされたりして、「もうそういうのことしないで!」と怒ってしまいたくなることもあると思います。

しかし、優しすぎる人は、不満や愚痴をこぼすと他人に迷惑がかかると思い、本音を隠します。

女性はみな、無視や拒絶の体験を繰り返すうちに、自己防衛として、遠回しな言い方を身に付けたのではないでしょうか。

我慢の蓄積はいつか爆発することも...伝え方を工夫すれば大丈夫

しかし、相手に嫌な思いをさせたくないからと、自分の中で我慢し続けると、その不満がいつか怒りとして爆発してしまうことも。

もしくは、不満を伝えられないことで彼に対する諦めが生まれてしまい、本音を言わないままお別れを選択してしまう人もいるのではないでしょうか?

恋人に対して、上手に「不満」を伝えるには、どうすれば良いのでしょうか。

お付き合いしていると必ず出てくる不安や不満。険悪になるのが怖いから我慢する、そんな人も多いのでは?!

不満でも感謝でも自分の中だけで留めず、伝えることが大事。

特に不満は抑えがちですが、よりより関係を築いていく上でも伝え方に工夫をして、ちゃんと伝えることが必要です。

大切なのは不満を感じたときの対処法をあなたの中で確立していることです。

●まずは、不満があることを彼にありのまま伝えてみる

不満を伝えることで彼が不機嫌になってしまうこともあるかもしれません。しかし、それでは問題が解決していく可能性は低いですよね。

男性は個人差はありますが、察するのが得意ではないと言われています。まずは、思ってることを伝えるという基本的なことからはじめましょう。

たとえば、話しているときにスマホをいじられるのがイヤなら、まずはそれをハッキリ伝えましょう。

「自分さえ我慢すればいい」という考え方は、相手の為にしていることのように思えても実際には相手の為になっていないことが多いです。

●不満の裏にある感情や理由も一緒に伝える

ただただ、ここが嫌だ!これをしないで!ということだけでは、あなたが何に不満を感じているのかというポイントは伝わりません。

○○されたことで、悲しくなったとか、こうだから○○をされると嫌な気持ちになるなど、自分自身の背景を伝えることも意識してみてください。

そうされてどんな気持ちになったのかを伝えましょう。「軽く見られたみたいでとても悲しくなった」というように。

●感情的にならずにゆっくりとした口調で伝える

伝える内容が決まったところで、それを感情的に攻撃的に伝えてしまっては、彼も反発したくなるか、早く終わらないかな〜という気持ちになってしまうもの。

どんな風に感じたかという感情を伝えるときも感情的いならないことが大事。

感情を掘り下げて、自分の気持ちに気付いたら、次はその気持ちを相手に伝えましょう。

キレた状態で感情を言葉にしても本来言いたいことが相手に伝わらないだけでなく、相手に不愉快な想いをさせてしまう危険もあります。

頭の中でゆっくりと言葉を選びながら、声のトーンを少し落として落ち着いた雰囲気で伝えましょう。

●責めるのではなくお願いをする感じで伝える

こういうところに不満を感じるということを伝えた上で、今度からこうしてくれると嬉しいな♪などといった柔らかい口調で伝えることで、喧嘩に発展する可能性は低くなるでしょう。

1 2





amasayaさん



  • 話題の動画をまとめよう