1. まとめトップ
  2. カラダ

気づいてない女子多い。。感情がコントロールできないワケ

イライラ、不安、悲しいetc…一ヶ月の間でいきなり「精神面」がぐらつく人はぜひ見てほしいです

更新日: 2016年03月24日

smbmoonさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1143 お気に入り 242814 view
お気に入り追加

今、この診断ツイートが話題!

月経前症候群(PMS)も少しは知られてきたかなと思っていたけど、月経前不快気分症候群(PMDD)というのもある。こないだ患者さんが病気と気づかず「私ってダメ」と思い込んでたんだけど、自己診断表もあるのでみんな使ってみてほしい pic.twitter.com/RS494dJus8

クリックで拡大!

次の項目に2つ以上あてはまる場合はPMDDであることが疑われ、その数が多いほど症状の程度が重症であると言えます。

(コチラのURLでも診断チェックリスト有り)

月経前不快気分症候群(PMDD)…!

生理の前になると決まって不快な症状が現れ、日常生活にまで支障をきたすことを月経前症候群(PMS)といいます。

生理の3日前から10日くらい前までの間の約1週間ほどの期間

だるさやむくみ、不安感など月経前に心身に症状が出る「月経前症候群」(PMS)に比べ、精神的な症状が重い。

月経の7~10日前に症状が出始め、月経開始とともに症状は消える。

PMDDは、イライラ感や不安感が強かったり、怒りっぽくなり、感情のコントロールができなくなったりなど不安系の症状が強いのが特徴

うつ、気力の減退をベースに、絶望感にとらわれたり、涙がとまらなくなったりする人も。

PMSで婦人科行ってたけど、自己診断表だけでみると私はPMDDだったのかも。

PMDD、自殺願望出る人もいるからね。 生理前だから甘えんなって言ってると死ぬからね。(もちろん人による) 世界から色が無くなって、身体が動かなくなるし世界の不幸はすべて自分のせいとしか思えなくなる半月。 そして酷い期間を抜けると自分が何を感じていたのかすら忘れてたりする。→

生理が終わると元気になるのも特徴。。

月経前以外の時期には症状が治まり、普段通りの生活が営めるのが他の鬱病との大きな違い

月経の始まる前には黄体ホルモンや卵胞ホルモンが関与して、セロトニンの分泌が減少することがわかっています。つまり、うつ病と同じような状態に陥りやすいのです。

PMDD(月経前不快気分障害)、精神的特徴は当てはまるけど身体的の方は当てはまらない・・・ ちょっと違うのかなぁ この2つがやばい ・日常生活に支障をきたすほどの情緒不安定 ・激しいうつ状態、自己否定感、絶望感がある

PMDDは結婚や出産、ライフスタイルの変化などが引き金になって発病することもある。

今「知ってほしい!」の声が高まってる

女性自身がPMSやPMDDを知って「私ってもしかして…」と思って病院に行って欲しい。いろんなお薬や漢方や対処法があるし何より病名が分かるともやもやしてた不調が実体として浮かび上がり「私のせいじゃなかった」と気付けるから。戦う敵が見えないと不安で潰れてしまう。

女性は月経困難症やPMS、PMDDにより月のうち10日程しか調子が良い日がない人が居るって事を男性には理解して頂きたい!! 話した所で 「ホルモンバランス? そんなもの関係ないだろ、知るか!!」 って言われるの非常に辛いので 性教育にPMSの事とかも取り入れてほしいわ!!

男の自分がいうのもなんだけど、PMSとか、PMDDとか、もっと世間に知られて良いと思う。それと、男から見ても、PMSやPMDDのことを知ってるだけで、彼女や奥さん、職場の同僚の女性等‥との付き合い方がまた全然違ってくると思う(少し楽になる、という意味で)。

ひどいPMSやPMDDを男の人やこういう事がない女の人に分かってもらおうっていうのは無理だから私は普通に生活するために薬でもなんでも飲むからな

最近、有名になったPMS

PMSの症状は人によってさまざま。 また同じ人でも月によって違い、その種類は200以上と言われています。

1 2





smbmoonさん



  • 話題の動画をまとめよう