1. まとめトップ
  2. カラダ

夏までに割れた腹筋(シックスパック)を手に入れる簡単な方法!

誰もが憧れる割れた腹筋(シックスパック)を手に入れる方法をご紹介します。腹筋は、誰でも割れている。皮下脂肪を燃焼し軽く腹筋運動(クランチ)をすれば誰だって割れた腹筋(シックスパック)が手に入ります。

更新日: 2016年03月16日

ayumickey512さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1027 お気に入り 193761 view
お気に入り追加

■「夏の海で誰もが羨ましがる肉体になりたい」そう思ったことはないですか?

今年の夏は腹筋バキバキにして海いかないかんなw

夏にプール誘われたからそれまでに腹筋バキバキにする

■夏の海で視線を釘づけにする為には、それならやっぱり腹筋を割るしかない!

腹筋を割る=シックスパックの肉体に仕上げるしかありません。

夏が近づくにつれ、服装も薄着になり服で隠していた脂肪も隠せなくなります。

割れた腹筋は男性のあこがれですが、一般的には腹筋を割るのは難しいことだと思われています。

誰でも腹筋が割れているのは憧れるものですが、しっかりとした食事と筋トレを行うこができれば必ず割ることがです。

■では、どうすればシックスパックが手に入るのか?ご存知ですか?

腹筋を割りたい、とかシックスパックを手に入れたいと言いますが、腹筋は割れている構造をしているので誰でも割れています。

シックスパックの作り方は簡単に言えば、脂肪を極力落として腹筋を鍛えることです。

一般的に「腹筋を割る」≒「腹筋が見える程度に体脂肪を減らす」ということなのです。

より腹筋の溝を深くしてかっこよくするにはうまく腹筋に負荷をかけたトレーニングをやる必要があります。

腹筋運動だけをするよりも、有酸素運動と組み合わせて行う方が効果的と言われています。

■ポイントは、“脂肪を落とすこと”と“腹直筋そのものを大きくすること”です。

▼<脂肪を落とすこと>皮下脂肪を落とす事がシックスパックへの近道なのです。

腹筋はもともと割れているのですが、皮下脂肪がついていると割れているようには見えません。

体脂肪15%以上あるとそれが邪魔をして見えにくくしているのだそうです。

皮下脂肪はその名の通り皮膚の下にあり、皮膚と筋肉との間に溜まった脂肪のことです

どんなに腹筋が発達していても、皮下脂肪が付いていると腹筋を割ることはできません。

●この皮下脂肪を落とす方法は、ただ1つ!「有酸素運動」です。

ウォーキングダイエットやジョギングなど心拍数を上げすぎずに長時間運動することで、脂肪を燃やせます。

有酸素運動(ジョギングなど40分以上)と腹筋、(30回を3セット)を毎日。脂肪燃焼と筋力アップが同時にできてかなりの効果が期待できます。

●そしてシックスパックの目安は、「体脂肪率10%前後」です。

1 2





ayumickey512さん

「訪問者にわかりやすく」をモットーにまとめます。
ぜひご覧ください。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう